ひなまつりルンルンおんなのこの日! ひなまつりルンルンおんなのこの日! ひなまつりルンルンおんなのこの日!の試し読みができます!
作: ますだ ゆうこ 絵: たちもと みちこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
ストーリーを楽しみながら、ひな祭りの知識も学べる!
ととくろさん 30代・ママ

ひなまつり定番で☆
たちもとみちこさん絵のこの行事シリーズ…
おうちにいると幸せになれそう。福ふくしいミッフィーを4種類ご用意してます♪
あじのひらき
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あじのひらき

作・絵: 井上 洋介
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥743 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「あじのひらき」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年06月
ISBN: 9784834022032

読んであげるなら 2才から

出版社からの紹介

あじのひらきが、風に吹かれて空中を泳ぎはじめます。街へ出て、地下鉄のトンネルをくぐり、ビルの上を泳いで、ついに海へ。あじのひらきが最後に行き着いたのは……。

ベストレビュー

わからないけれど後を引く

井上洋介さんの本を読み合う勉強会をしました。

何ゆえにあじのひらき?ということで、ハードカバーになる前の「こどものとも年少版」の折り込み付録も読んでみました。

散歩に出た井上さんが、外であじを焼く男の人を見つけ、その一部始終を見ていたことからこの作品につながったことがわかりました。

凡人である私はそこからこの絵本に発展するまでの空想力は持ち合わせていませんが、発想の一端を知ったことで、今まで??だった絵本の『あじのひらき』を見る目が少し変わった気がしました。

なんとなく「およげたいやきくん」の世界も彷彿とするようなあじのひらきの町中の遊泳。

食卓もしくは店先で見かけるだけのあじのひらきにもこんな世界があったのだという摩訶不思議な、そして楽しげな絵本でした。

私にとって、井上さんの絵本は簡単にはわかったというものは少なく、わからないがゆえにいつまでも気になるという後を引く世界なのです。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


井上 洋介さんのその他の作品

エースケをさがせ / つきよのふたり / こぶたのぶうくんと しりとり / こわくない / こぶたのぶうくん / モグモグでんしゃ



『あっちゃんあがつく たべものあいうえお』の魅力を広めた書店員さんにインタビュー!

あじのひらき

みんなの声(24人)

絵本の評価(3.68

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット