もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
大海の光 ステフィとネッリの物語
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

大海の光 ステフィとネッリの物語

  • 児童書
著: アニカ・トール
訳: 菱木 晃子
出版社: 新宿書房

本体価格: ¥2,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「大海の光 ステフィとネッリの物語」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年08月
ISBN: 9784880083988

46判/316頁/上製

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

スウェーデンの人気児童文学作家の代表シリーズ、4部作の最終作。

1945年5月、ベルリンが陥落。ついにヨーロッパの戦争は終わり、スウェーデンの港町、イェーテボリでも平和の訪れを人々は心から 喜んでいた。だがウィーンからやってきたユダヤ人姉妹ステフィとネッリには、もはや帰る家はなく、父親の安否も知れない。 異国の地で、養親や友人たちに支えられ、逆境を乗り越えて、大きく成長した二人。 ステフィは町の高校を、ネッリは島の小学校を卒業。不安な思いを抱きつつ、新しい一歩を踏みだそうとする二人の 本当の居場所は、どこにあるのだろうか?

〈ステフィとネッリの物語〉シリーズ誕生に込められた著者の思いとは??。
書き下ろしによる解題を日本版オリジナル「著者あとがき」として収載!

ベストレビュー

戦争が終わって

戦争は戦時中も地獄ですが、終わった後も人々の心と体に消せぬ傷を残します。

姉妹の母はすでに亡くなり父は行方不明となります。飛び級をしたステフィは卒業の年になり、ネッリもまた小学校卒業の年になります。

多感な時期に姉妹は違う家庭で育ち、それぞれの環境にそれぞれが順応する形で成長していきます。

生き方の選択肢が少ない時代にまた難民であり両親に頼る状況下にない二人。

二人だけでなくステフィの友人の生き方からも多くのことを感じる作品でした。

読み進むにつれて戦争の影は大きくなり、決して明るくはないお話ですが、そんな中にもある希望の一筋の光、人の優しさが明るく二人を照らす作品でもあったように思います。

戦争とは?アイデンティティとは?思春期を生きる年代の人たちにも読んでもらたい作品ですが、大人は大人で感じることの多い作品だと思いました。一度手にとっていただけたらと思います。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


アニカ・トールさんのその他の作品

ステフィとネッリの物語(全4巻セット) / 海の深み ステフィとネッリの物語 / 睡蓮の池 ステフィとネッリの物語 / 海の島 ステフィとネッリの物語

菱木 晃子さんのその他の作品

のんびり村は大さわぎ!  / トムテと赤いマフラー / はじめての北欧神話 / トーラとパパの夏休み / ニルスが出会った物語 (6) 巨人と勇士トール / ニルスが出会った物語 (5) ワシのゴルゴ



人気デュオ ガーガーズのパネルシアターから生まれた絵本

大海の光 ステフィとネッリの物語

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット