貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
ひらめきの建築家ガウディ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ひらめきの建築家ガウディ

作: レイチェル・ロドリゲス
絵: ジュリー・パシュキス
訳: 青山 南
出版社: 光村教育図書 光村教育図書の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

「ひらめきの建築家ガウディ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年05月
ISBN: 9784895728133

小学校低学年から
A4変型判・32ページ・4色刷り

この作品が含まれるテーマ

関連するスペシャルコンテンツ


編集部長、編集長にインタビューしました!

出版社からの紹介

蜂の巣みたいなドアの覗き穴、波のようにうねったお屋敷……ガウディの作品には、みんなびっくり! サグラダ・ファミリア教会をはじめ、人々を魅了し続けるガウディのお手本は? たぐいまれな独創性の秘密に迫るノンフィクション絵本。

ベストレビュー

こういう方だったんですね。

サグラダ・ファミリアが、今もまだ建築途中だということ、その設計者がガウディということしか知りませんでした。そもそも、最初は『サクラダ…』?日本人が作った?くらいの無知ぶりだった私でしたが、この本をみて、その人ができたわけを、詳しく知ることができました。
幼い頃、病弱だった少年が、その限られた行動範囲の中で見つけた自分の生き方でした。素晴らしいと思います。そして、こんなにも名前を耳にすることが多いので、つい最近亡くなった方なのかと思ったら、ずいぶん前のことでした。
知らないことが多すぎる私ですが、これからも、心の目のアンテナを張り巡らし、いろんなことを発見できる人生を送っていきたいと、改めて思ったことでした。
(おしんさん 50代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ジュリー・パシュキスさんのその他の作品

ほーら、これでいい!

青山 南さんのその他の作品

ホッキョクグマと南極のペンギン / ほんと さいこうの日 / こどものなかま / クマですが、イヌです / アランの歯はでっかいぞ こわーいぞ / はだかんぼ!



本をふって、ゆらして、おどかして☆遊んで楽しめる参加型絵本

ひらめきの建築家ガウディ

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.57

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 2
  • 12歳〜 0
  • 大人 4



全ページためしよみ
年齢別絵本セット