タケノコごはん タケノコごはん
文: 大島 渚 絵: 伊藤 秀男  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
故大島渚映画監督と、抜群のリアリティーを放つ絵本作家、伊藤秀男のコラボレーションでつづる「戦争」と「平和」のメッセージ。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
カボちゃんのえんそく
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

カボちゃんのえんそく

  • 児童書
作: 高山栄子
絵: 武田 美穂
出版社: 理論社 理論社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2001年
ISBN: 9784652008935

小学初級〜中級向

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


カボちゃんと一緒に入学・進級を楽しもう!

出版社からの紹介

今日は一年一組のなかまたちのえんそくです。ところがまたまたタマとピーマンのいたずらで,カボちゃんたちはまいごになって…。

ベストレビュー

登山でそうなん

えんそくで、山にのぼるんですが、タマとピーマンは、方向看板の向きを変えて仲間たちを道に迷わせ、さらに布をかぶって、ばけもののふりをして出てきておどかします。

「助けて-」とピーマンがさけんで草の罠でみんなを転ばせたり。ひどい子たちです。

でも、崖から落ちた時に、みんなに助けてといってももう信じてもらえません。そりゃあだましてたらそうなりますね。

でも、ほんとに泣いてるみたい、と、カボちゃんがみんなをつれて助けにいきます。

教訓的ですが、最後は仲良く遊んだりして、なかなか良かったです。

でも長いので読むのに時間がかかりました。
(えみりん12さん 40代・ママ 女の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • おでんしゃ
    おでんしゃの試し読みができます!
    おでんしゃ
    作:塚本 やすし 出版社:集英社 集英社の特集ページがあります!
    コンビニのおでんを見て思いついた楽しい知育絵本。おでんしゃ、出発しまーす!

高山栄子さんのその他の作品

とことんトマトン / カボちゃんのひっこし!? / シュークリーム星のオヒメサマ / 魔界屋リリ−白銀のプリンセス / 魔界屋リリ−キズだらけの逃亡者 / カボちゃんのふでばこ

武田 美穂さんのその他の作品

たいふうのひ / おさるのこうすけ / しんけんしょうぶ だるまさんがころんだ / 憲法くん / かみなり どん / ぼくのきんぎょをやつらがねらう!



読み聞かせに最適!見た人に幸せが舞い込むななめねこ

カボちゃんのえんそく

みんなの声(32人)

絵本の評価(4.36

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット