くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
ぞうをだいた女の子
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぞうをだいた女の子

  • 児童書
作: 落合恵子
絵: 長 新太
出版社: 理論社 理論社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ぞうをだいた女の子」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1993年04月
ISBN: 9784652008621

小学低級〜中級向

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

わたしの部屋にやってきたアフリカぞうのテンボンが,わたしと犬のバースに話してくれた緑の草原のこわくてとてもやさしい物語。

ベストレビュー

ちょっとシュールな話

長いので、我が家の場合は途中から親が読み聞かせ役になりました。

ある植物をもらった主人公の女の子。すると、、、それを餌にするゾウがついてきます。しかもミニサイズ。女の子と飼い犬のバースは、ぞうのテンボンになぜそんなに小さいのか聞きますが、1日16時間も食べ続けるのは時間の無駄でいやだからそうしないですむように祈ったところ、かなってしまったのです。最後はみんなが友達になっておしまい。

ぞうのシュールな話は意外性があるのですが、なかなか面白いように思います。挿絵はちょっと地味ですが長新太さんっぽい風変りな絵です。
(えみりん12さん 30代・ママ 女の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

落合 恵子さんのその他の作品

村じゅう みんなで / とびっきりのともだち / ぞうさん・ぶたさんシリーズ絵本 ダンスができないぞうさんですよ  / ぞうさん・ぶたさんシリーズ絵本 くしゃみがとまらないのですよ / ぞうさん・ぶたさんシリーズ絵本 びっくりごっこですよ / ぞうさん・ぶたさんシリーズ絵本 スーパーぶたさんですよ

長 新太さんのその他の作品

クレヨンぞうさん / 帽子から電話です / 長新太の絵はがきブック おめでとう / かしてあげたいな / ひとつずつ / ベタベタブンブンおおさわぎ



医学博士/脳科学者・加藤俊徳さん インタビュー

ぞうをだいた女の子

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット