あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。
りおらんらんさん 30代・ママ

いいです!
6歳の娘が、赤ちゃん大好きでして。 …
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
月夜のキノコ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

月夜のキノコ

  • 児童書
作・絵: いわむら かずお
出版社: 理論社 理論社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「月夜のキノコ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1992年
ISBN: 9784652012338

小学初級〜中級向

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

トガリ山の森に大きな月がのぼった。月明りの中,きこえてくるのはキノコのおしゃべり…トガリィはキノコと一緒に森の奥へ……。

ベストレビュー

昼の虫、夜の虫、山のけもの、海のけもの…

トガリ山のぼうけんシリーズ3巻。

色々な動物に出会いながらぼうけんが進んでいきます。それぞれの動物の役割や天命を感じるエピソードが印象的でした。

珍しく怒るテント。「わかってない。テントウムシは昼の虫、夜は飛ばない」
ヒキガエル 「山の鳥は山のもの。山のカエルは山のもの・・・・・・」
ヤマバト 「タカはおそうのがしごと。そしたら、にげるのがおれらのしごとでっぽ」

後半は雷と一緒に天に登る目指すキノコの行列や、ナメクジとの出会い。
ナメクジは嫌な感じですが、5巻で再会するときは、いい味出してます。
キノコの話は、ファンタジーすぎて、子供達には難しかったようです。
(やじみさん 30代・ママ 男の子7歳、女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!

いわむら かずおさんのその他の作品

はこぶ / りんごがひとつ / とっくんトラックもりへぶぶー / 14ひきのポケットえほん かぼちゃセット(3冊セット) / ポケットえほん 14ひきのあきまつり / ポケットえほん 14ひきのせんたく



『とびだせビャクドー! ジッセンジャー』森田まさのりさんインタビュー

月夜のキノコ

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット