もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
一目ぼれ続出!クリスマスプレゼントに、乗れちゃう「はらぺこあおむし」はいかがですか?
こそあどの森の物語(8) ぬまばあさんのうた
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

こそあどの森の物語(8) ぬまばあさんのうた

  • 児童書

「こそあどの森の物語」シリーズ

子どもレビュー募集中

作・絵: 岡田 淳
出版社: 理論社 理論社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,700 +税

「こそあどの森の物語(8) ぬまばあさんのうた」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2005年
ISBN: 9784652006184

小学中級〜上級向
A5 192ページ

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


岡田淳さんにインタビューしました!

出版社からの紹介

美しい夕焼けのある日,湖の対岸に赤い不思議な光をみたふたごは,スキッパーと一緒にその正体を探しに行くのですが…。

ベストレビュー

石読み

バーバさんからの手紙で石読みのことを知ったスキッパー。自分も石読みをしようと練習をします。石が見たもの聞いたものを知ることができたらすごいですよね。何の変哲のない石も価値あるものになりそうです。
とても見事な夕日を私もスキッパーたちのように先日見ました。夕日って本当にきれいですよね。
夕焼けのかけらをさがしにいく双子たちとスキッパー。彼らが見つけた赤い石、私も欲しいな。
遊び歌に出てくるぬまばあさんはただの遊び歌ではなかった…?ぬまばあさんの真実がわかるお話です。
(みちんさんさん 30代・ママ 女の子3歳、女の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


岡田 淳さんのその他の作品

森の石と空飛ぶ船 / きかせたがりやの魔女 / わすれものの森 / そこから逃げだす魔法のことば / カメレオンのレオン 小学校の秘密の通路 / こそあどの森の物語(11) 水の精とふしぎなカヌー



世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

こそあどの森の物語(8) ぬまばあさんのうた

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

ママの声 1人

ママの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット