となりのせきのますだくん となりのせきのますだくん
作・絵: 武田 美穂  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
わたし、きょう、学校へいけない気がする。だって・・・。となりの席のますだくんが怖くてしかたないみほちゃん。すべての子どもが共感できる作品です。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
こそあどの森の物語(10) 霧の森となぞの声
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

こそあどの森の物語(10) 霧の森となぞの声

  • 児童書

「こそあどの森の物語」シリーズ

子どもレビュー募集中

作・絵: 岡田 淳
出版社: 理論社 理論社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,700 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「こそあどの森の物語(10) 霧の森となぞの声」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2009年
ISBN: 9784652006733

小学中級〜上級向
A5 192ページ

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


岡田淳さんにインタビューしました!

出版社からの紹介

ふしぎな歌声をさがして森の奥へ。声にひきこまれるように穴に落ちたスキッパー。さらに住人たちも…。無事戻れるのでしょうか。

ベストレビュー

美しいものは危険…?

スキッパーがなぞの歌に惹かれます。
トワイエさんは歌声にさそわれ命をなくすという伝説もある、と忠告をするのですが…。
美しいものは危険…たしかにそんな思想は分かる気がします。
歌に浸りきったまま、現実世界にずっと帰ってこられない…この巻はちょっと怖いお話かもしれません。
同じ音を聞いているのに、みんなが違う場面を思い浮かべるというのは面白いですね。私もちょっと聞いてみたい気がします。帰ってこれなくなってしまうのは困りますが!
(みちんさんさん 30代・ママ 女の子3歳、女の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • はるがきた
    はるがきた
    作・絵:ロイス・レンスキー 訳:さくま ゆみこ 出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
    おひさま ぽかぽかかぜは さわやか

岡田 淳さんのその他の作品

新装版 星モグラサンジの伝説 / こそあどの森の物語(12) 水の森の秘密 / 森の石と空飛ぶ船 / きかせたがりやの魔女 / わすれものの森 / そこから逃げだす魔法のことば



『タヌタヌ探偵〜水玉シーツ事件〜』<br>アートユニット”uwabami”インタビュー

こそあどの森の物語(10) 霧の森となぞの声

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット