ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん
監修: 公文教育研究会  出版社: くもん出版
KUMONが大切にしてきた「うた200」の知恵をご家庭で! 人気の童謡から手遊びうたまで、親子で楽しく歌える200曲を収録。
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
2年生 ひとりぼっちのつる
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

2年生 ひとりぼっちのつる

  • 児童書
作: 椋 鳩十
絵: 杉浦 範茂
出版社: 理論社 理論社の特集ページがあります!

本体価格: ¥950 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「2年生 ひとりぼっちのつる」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1990年
ISBN: 9784652022443

小学初級〜上級向

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

子どものつるがつるの一家のなかまとして受けいれられていく表題作のほか「かものゆうじょう」「イタチのまち」の3話を収める。

ベストレビュー

厳しい自然に生きる姿

このお話に登場する鶴達は、自分の事や家族の事に精一杯で、
他の者には見向きもしないものとして描かれています。
他の者に情をかけていては、
厳しい自然を生き抜くことは出来ないのかもしれませんが、
一人ぼっちの鶴をはじき出す様子は、
余裕がなく、また他を思い遣る事の出来ない人間達を表現しているのではないかと思いました。

そして最後に仲間に入れてくれる鶴の一家は、
お父さん鶴が悠然としており、
勇気と強さを兼ね備え、
慈悲深い心もある。
そんなお父さん鶴に愛され、守られて生きているお母さん鶴、子供鶴達は、
お父さん鶴の姿を日々見ているので、
心に余裕があり、思い遣りもある。

大人の姿を見て、それを真似て子供が成長するのであれば、
大人として、親として、学ぶべき姿がどちらであるのかは、
言わずもがなの事。

子供向けのお話かもしれませんが、
大人が読んでもいろいろと考えさせられるお話でした。
(hime59153さん 40代・ママ 男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


椋 鳩十さんのその他の作品

アニメ版 マヤの一生 / ふしぎな玉 / マヤの一生 / ひとりぼっちのつる / ほうまんの池のカッパ / 母ぐま子ぐま

杉浦 範茂さんのその他の作品

ニルゲンツものがたり へんてこだより / ピノキオ / 読書リレー(3) 5〜6年生 カリカリ症候群  / 絵本の絵を読み解く / こめかくし / ぽたぽた



『いっしょにするよ』風木一人さん・たかしまてつをさんインタビュー

2年生 ひとりぼっちのつる

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット