しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
ぼくがもうひとり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくがもうひとり

  • 児童書
作: 山中 恒

本体価格: ¥1,300 +税

「ぼくがもうひとり」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1997年
ISBN: 9784652021590

小学中級〜中学生向

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

やってもいないことをやったと言われる五年一組の太樹。もう一人の自分,それもめっちゃくちゃ強いやつがいるらしい……。

ベストレビュー

やってもいないのに!?

最初の紹介で男子にも女子にも先生にも嫌われている大樹。いったいどんな子なんだろうと思いながら読みました。転校生の美少女多恵だけは違うようですが…。
もうひとりの大樹(?)がいじめっこたちに次々と仕返しをしていきます。本物の大樹は自分がやってもいないのになぜ?と戸惑いつつも仕返しを喜んでいる感じも。
大樹の夢遊病?それとも…?
けっこう過激なところもあります。
(みちんさんさん 30代・ママ 女の子4歳、女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


山中 恒さんのその他の作品

(101−1)まま父ロック / 角川つばさ文庫 ママは12歳 / あばれはっちゃく ツーかい編 / 角川つばさ文庫 あばれはっちゃく -ワンぱく編- / 角川つばさ文庫 この船、地獄行き / 角川つばさ文庫 六年四組ズッコケ一家



「誰もが誰かの大切な人」米国で人気のシリーズ第一弾

ぼくがもうひとり

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67




全ページためしよみ
年齢別絵本セット