おにたのぼうし おにたのぼうし
作: あまん きみこ 絵: 岩崎 ちひろ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
節分の夜、豆まきの音がしない一けん家にとびこんだおにのおにたは、病気の母を看護する少女に出会います。
miki222さん 30代・ママ

鬼にも色々あるのに
節分の日に鬼がやって来ると聞いて怖がっ…
ジャッキー×「木のおもちゃ」が可愛い!!|くまのがっこう木製プルトレイン
空とぶくじら
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

空とぶくじら

  • 絵本
作: みなみらんぼう
絵: 篠崎 三朗
出版社: 学研 学研の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「空とぶくじら」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2002年01月
ISBN: 9784052016301

幼児〜一般

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ある日、さばくで、羽をもったくじらのなきがらが発見された。それから、くじらたちが大空を星にむかってとぶすがたが見られるようになった。くじらたちが、空をめざしたわけを知ろうと、動物たちはタイムカプセルにのって、過去に旅をするが……。 

ベストレビュー

どうしてくじらは空を飛んだのでしょうか。

 くじらが元々は陸上で暮らしていたらしいという話は私も聞いた事があります。陸上での暮らしに満足できなくなったくじら(正確にはくじらの祖先)はその生活の場を海中へと求めたのだそうです。
 「空とぶくじら」も元々は海で暮らしていました。海が住みにくくなったので生活の場を空へと求めて飛び立ったのです。
 空へ舞い上がったくじらはどうなったのでしょう。空の生活に馴染めませんでした。
 私たちがくじらの為にしてあげられることは何でしょう。くじらが海中で生活できるようにすることが私たちに出来るはずです。
(まあちゃん235さん 30代・ママ 男の子9歳、男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


みなみらんぼうさんのその他の作品

てんくんのおくりもの / 月からきたうさぎ / かわうそがひろったちょきん箱

篠崎 三朗さんのその他の作品

ツバメのおんがえし / 戦争と平和のものがたり(4) ヒロシマの歌 / りんごの花がさいていた / 大久保利通 / TOKYOステーション・キッド / 世の中への扉 福島きぼう日記



子どもも大人も読み聞かせで大爆笑!

空とぶくじら

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット