ぼくはめいたんてい(1) きえた犬のえ(新装版) ぼくはめいたんてい(1) きえた犬のえ(新装版) ぼくはめいたんてい(1) きえた犬のえ(新装版)の試し読みができます!
文: マージョリー・W・シャーマット 絵: マーク・シーモント 訳: 光吉 夏弥  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
レビューコンテスト開催中、たくさんのレビューお待ちしてます!
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
椋鳩十のイノシシ物語
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

椋鳩十のイノシシ物語

  • 児童書
作: 椋 鳩十
絵: おぼ まこと
出版社: 理論社 理論社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,456 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1995年08月
ISBN: 9784652022672

小学中級〜上級向

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

イノシシのどう猛さ,ウリンボの愛くるしさやこっけいさ,畑あらしになやむ村びととのかけひきなど,イノシシの物語12話を収録。

ベストレビュー

イノシシの知恵と逞しさと思いやり

動物たちを題材に、数多くの物語を書いた椋鳩十のイノシシ編。
細かい観察や調査に裏付けられていることがよく分かります。
今では希少に思えるイノシシも、昔は人間と共存していたのです。
12編の物語を通して、イノシシの荒々しさ、子どもを思う親心、人間に対抗する知恵深さなど、イノシシについていろいろなことを学びました。
特に最後の話では、エサとなる木の実を得られず、山に居場所を失ったイノシシと禁猟区に暮らす村人たちの、農作物をめぐる戦いが近代日本の開発史を描いて興味深い内容です。
この話は、終結することなく堂々巡りのまま話が終わります。
イノシシとともにいる限り、終わらないテーマであると感じました。

自然破壊、環境の変化、悪天候…。
居場所、餌を失って時折町に出没する動物たち。
決して昔話ではないですね。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子14歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


椋 鳩十さんのその他の作品

アニメ版 マヤの一生 / ふしぎな玉 / マヤの一生 / 椋 鳩十 名作選 マヤの一生 / 椋鳩十名作選(6) モモちゃんとあかね / 椋鳩十 名作選(5) 片耳の大シカ

おぼ まことさんのその他の作品

全集 古田足日子どもの本 限定復刻(2) 古田足日子どもの本 / カワと7にんのむすこたち クルドのおはなし / もりのふくろう / はなのはなうた / ようこそおばけ☆パーティーへ / 命をつなぐ250キロメートル ―抱きしめてBIWAKO



新しい命との出会いと戸惑い、そして心からの喜び

椋鳩十のイノシシ物語

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット