おにたのぼうし おにたのぼうし
作: あまん きみこ 絵: 岩崎 ちひろ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
節分の夜、豆まきの音がしない一けん家にとびこんだおにのおにたは、病気の母を看護する少女に出会います。
miki222さん 30代・ママ

鬼にも色々あるのに
節分の日に鬼がやって来ると聞いて怖がっ…
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
絵本 東京大空襲
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

絵本 東京大空襲

作: 早乙女 勝元
絵: おのざわ さんいち
出版社: 理論社 理論社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1978年06月
ISBN: 9784652020012

小学中級〜上級向

出版社からの紹介

1945年3月10日,米軍B29の大編隊が東京を襲った。炎の夜の恐怖を,ようやく生きのびた作家と画家が描いたドキュメント。

ベストレビュー

東京大空襲の戦争絵巻

画家でもある小野沢杉一さんの描いた東京大空襲の数々の光景を、早乙女勝元さんが自分の娘愛ちゃんに向けて作品化したものです。
1945年3月10日、ただその一日の大空襲で東京は廃墟となりました。
逃げまどう人たちの中に、勝元さんは愛ちゃんとかさねて「ふうちゃん」という女の子を登場させました。
突然の大空襲。
逃げまどう中での親との生き別れ。
様々な場面があって…、見ている私の祈りもかなわずふうちゃんは助かりませんでした。
戦争の残酷さを描ききった小野沢さんの絵の前に、きれいごとは許されなかったのです。
それにしても、早乙女さんのやさしさが、絵本におさめられた絵の残酷さを柔らかくしてくれています。
30年以上前に出版された絵本でありながら、今なお現役であり続けられる意味を感じました。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子13歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


早乙女 勝元さんのその他の作品

ゆびきり / 語り伝える東京大空襲(5) いのちと平和の尊さを / 語り伝える東京大空襲(4) 焼きつくされた町と人びと / 語り伝える東京大空襲(2) はじめて米軍機が頭上に / 語り伝える東京大空襲(1) 戦争・空襲への道 / 語り伝える東京大空襲(3) 10万人が死んだ炎の夜



『てのりにんじゃ』山田マチさん 北村裕花さん インタビュー

絵本 東京大空襲

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット