貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
福を呼び込んでくれる!絵本『おふくさん』の複製画が、絵本ナビ限定で発売中♪
どきん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

どきん


出版社: 理論社 理論社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,650 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「どきん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1983年
ISBN: 9784652038086

小学中級〜中学生向

出版社からの紹介

かろやかな言葉あそび,芝居うた,鋭い発見にみちた心の広がり…。初期作品から最新作まで日本を代表する詩人谷川俊太郎の小宇宙。

ベストレビュー

発想力と言葉遊び

大詩人に対して、言葉遊びが上手だと言うのも大変失礼とは思うのですが、少年詩集として子どもたちに紹介するにはピッタリだと思います。
難しい思考から離れて、この本の中で谷川さんは、子どもたちに言葉遊びの仲間入りを呼びかけているようです。
言葉遊びと言っても、自由に言葉を使うには発想力が必要ですね。
発想力のかたまりのような子どもたちに、同じ題でもこんな詩が出来たよと紹介する、「みち」という12の詩は圧巻です。
芝居の中で使う歌として進行を進める「おばけりんご」の詩には味わいがあります。
何より「これなら出来るかも」と子どもたちに楽しみを感じさせるところが素晴らしいと思います。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!



新潮文庫3200万部刊行、星 新一の小説が絵本に!

どきん

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット