貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
トランとブッチのぼうけん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

トランとブッチのぼうけん

作: もとした いづみ
絵: あべ 弘士
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「トランとブッチのぼうけん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2002年11月
ISBN: 9784591074060

対象年齢:幼児〜小学初級向

出版社からの紹介

南の島の子犬の姉弟、トランとブッチは、毎朝同じ時間にどこかへ走っていく黒い犬のことが気になって、後をつけていきました。

ベストレビュー

どこへ行くのかな

南国の雰囲気がとっても出ている絵が素敵です.私も実際にベトナムに行ったときに,アヒルがわさわさ道を歩いているのを見たことがあります.その風景が思い浮かんで,また行きたくなりました.
毎日どこかへ出かける黒い犬の行き先が気になるトランとブッチの姉弟わんこ2匹ですが,毎回くろいぬを見失ってしまいます.今日こそは今日こそはとがんばっている二人を応援したくなってきます.
やっとくろいぬについていけたときにはこっちもやったーと思いました.くろいぬが毎日出かけていた理由,とっても素敵でいいですね.
息子はときどき出てくる動物を探して遊んでいました.シルエットだけだったりするので,これはなんだろうね?とクイズみたいに楽しめました.
(てつじんこさん 30代・ママ 男の子5歳、男の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダおやこたいそう
    パンダおやこたいそうの試し読みができます!
    パンダおやこたいそう
     出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
    「おやこたいそう はじまるよ!」親子いっしょに、からだを動かしながら、からだもこころも豊かに!

もとした いづみさんのその他の作品

せつぶんセブン / うめちゃんとたらこちゃん / おむかえまだかな / すっぽんぽんのすけ ひかる石のひみつ / キャンディーがとけるまで / てっちゃんの しりとりライオン

あべ 弘士さんのその他の作品

手おけのふくろう / かわうそ3きょうだい とらのまき / おおきくなあれ / 雲をつかむはなし / 点字つきさわる絵本 あらしのよるに / わにのスワニー



『うし』内田麟太郎さん&高畠純さん&絵本ナビ・金柿代表 鼎談

トランとブッチのぼうけん

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット