なつみはなんにでもなれる なつみはなんにでもなれる なつみはなんにでもなれるの試し読みができます!
作・絵: ヨシタケシンスケ  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
ヨシタケシンスケがおくる、くりかえしが楽しいまねっこ絵本!
はらぽこおやむしさん 40代・ママ

さすがです!!
さすがヨシタケシンスケさん!とっても面…
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
きえたにじ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

きえたにじ

作・絵: 吉田 遠志
出版社: リブリオ出版

本体価格: ¥1,700 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「きえたにじ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2001年04月
ISBN: 9784897848846

絵本アフリカのどうぶつたちシリーズ 第1集 ライオンのかぞく 全7巻

出版社からの紹介

よわむしだけど心のやさしい、いもうとライオンが一人で狩りに出かけていきました。いちどでいいからじょうずに狩りがしたいと思っていたのです。しかし、はじめの獲物には逃げられてしまいました。次にダチョウの親子に出会いますが…。

ベストレビュー

ライオンがやられることだってあるのです。

 吉田遠志・動物絵本シリーズ<9>
 私は悲しくて仕方がありません。
 いもうとライオンがダチョウに蹴られて死んでしまったのです。狩りをするつもりが逆にやられてしまったのです。
 そういうこともきっとあるのでしょうが、死んでしまったのが不器用なライオンだったのがとてもやりきれないのです。
 不器用な動物は厳しい自然の中では生きて行かれないのですね。でも不器用なりに生きて行って欲しかったのです。
(まあちゃん235さん 30代・ママ 男の子9歳、男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


吉田 遠志さんのその他の作品

いなびかり / かんちがい / あたらしいいのち / まいご / まがったかわ / かれえだ



「とびだすミニブック」シリーズ 編集者 清水剛さんインタビュー

きえたにじ

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット