くまの子ウーフ くまの子ウーフ
作: 神沢 利子 絵: 井上 洋介  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
遊ぶこと、食べること、そして考えることが大すきなくまの子ウーフ。ほら、今日もウーフの「どうして?」が聞こえてきます!
アマアマ47さん 40代・ママ

考えさせらる、色々な事を
6歳の息子と3歳の娘に読みました。 …
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
オチケン、ピンチ!!
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

オチケン、ピンチ!!


本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「オチケン、ピンチ!!」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年
ISBN: 9784652086339

小学上級〜中学生向

出版社からの紹介

陰謀か? 必然か? 部長が退学のピンチ! 新進落語家の謎の失踪…。すべてのミステリーをとく鍵は,やはり落語にあり!

ベストレビュー

落語って面白い!

大学で、オチ・ケンイチは落語研究会(オチケン)に誘われる。というよりも、名前がいい!と無理やり勧誘されて入会することにいつのまにやらなっている。先輩について落語を学んでいくが、ついでによくいろんな事件を探偵のように解き明かすことに、、、(けして鋭い主人公じゃないのだが)。続編もやはり同様、勉強を先輩に邪魔されながらいろんな謎を解いていきます。

ほのぼのした雰囲気ですが、落語の様子がよく書かれていて、これを読んで、落語を聴いたり、落語の本を読んだり、してみたくなります義太夫、三枚起請(きしょう)、粗忽長屋など、中で出てきますが面白い。たぶんこの語り口もすごく面白いんだと思います。

続編はあとがきで解説がないのはちょっと残念。
(えみりん12さん 30代・ママ 女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




『いっさいはん』minchiさんインタビュー

オチケン、ピンチ!!

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット