あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…
おうちにいると幸せになれそう。。あの福ふくしいミッフィーに、新商品追加です♪
ビリー・ジョーの大地
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ビリー・ジョーの大地

  • 絵本

出版社: 理論社 理論社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2001年
ISBN: 9784652071939

小学上級〜中学生向

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

1934年アメリカのオクラホマ州を舞台に,14歳の少女が絶望から立ち直っていく過程を詩的な文章でつづる。強靱で無垢な魂の叫び…。

ベストレビュー

大恐慌の時代

『じゃがいも畑』『ふれ、ふれ、あめ!』などの絵本があるカレン・ヘスの読み物です。

1930年代、大恐慌、干ばつと明るい話題がない時代。

アメリカのオクラホマの小麦農家の14歳のビリー・ジョーの目を通して描かれています。

日記というのか散文的で、分量はありますが、殊の外早く読めました。

事故で母と生まれたばかりの赤ちゃんが亡くなるという出来事が途方もなく大きくのしかかってくる感じがありました。

ビリー・ジョーがジャムのことを思い出せば、母に作り方を聞いておきたかったと思い、日常で起きることを母に話したいと思う気持ちがとても痛切に感じました。

両親を亡くしてわかったことですが、母のことは日常生活に結びついているので、一日に何度も母のことを思い出すからです。

過酷な出来事はありますが、読後感は爽やかでした。

14歳というと自分とは?自分の存在を深く見つめる時期でもあります。中学生以降のお子さんに読んでいただきたい作品です。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

ビリー・ジョーの大地

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット