もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
クリスマス・ブレイク
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

クリスマス・ブレイク

  • 絵本

出版社: 理論社 理論社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,380 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年
ISBN: 9784652077948

小学上級〜中学生向

出版社からの紹介

今年は最高のクリスマスになるはず…ところが!? 父親が突然,家を出て,家族は悲しみのどん底へ。涙のハートフルストーリー。

ベストレビュー

クリスマスに最悪の…

一家で幸せなクリスマスを送っていたはずが…父親に好きな女性ができたことが発覚してしまいます。父親は家族よりも女性を選び家を出てしまいます。
クリスマスに最悪ですね。怒るおばあさん(母親の母親)、未練がある母親と子供たち。
私はおばあさんの言うことに一理あるなと思ってしまいます。母親と子供たちの気持ちも分かるけれども…。
読みやすく面白かったのですが、残された家族がかわいそうでした。
子供たちへの愛情はあるようですが、この父親は正直根本的に変わらないのでは?と思いながら読みました。
作中にジャクリーン・ウィルソンさんをモデルにした作家が登場します。作品名等もちょっと変えて書かれていますね。そのまま自分を出すのは気恥ずかしかったということですが、よりわかりがいいので実在の名前で書いてほしかったなー。
ハッピーエンドではありますけど、ちょっとこの先も心配な気がしてしまいました。
(みちんさんさん 30代・ママ 女の子4歳、女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




トビラの先に広がる奇妙な世界『ヒミツのトビラ』長田真作さんインタビュー

クリスマス・ブレイク

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット