もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
あしおと
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あしおと

作・絵: 吉田 遠志
出版社: リブリオ出版

本体価格: ¥1,700 +税

「あしおと」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2001年04月
ISBN: 9784897848860

絵本アフリカのどうぶつたちシリーズ 第1集 ライオンのかぞく 全7巻

出版社からの紹介

旅を続けるおとうとライオンの前にガゼルのむれが現れました。おとうとライオンはおかあさんの狩りの仕方を思い出しながらはじめての獲物を捕まえることができました。おとうとライオンの捕まえた獲物の食べ残しをもらうため、様々な動物がやってきます。

ベストレビュー

アフリカの動物シリーズ

アフリカの動物シリーズが読みたくて図書館から借りてきました。生きる為には、食べなければ生きていけないので仕方ないことですが、チーターのおかあさんが、4匹のあかちゃんに食べ物を持って帰りたいと狙ったのがトムソンガセルの群れを狙い犠牲になったのが、子供のガセルが逃げ遅れたのでと読むと、生きるってそういうことなんだと思いました。おとうとライオンは、おかあさんの狩りを思い出して太ったガゼルを産まれて初めて獲物を捕まえることが出来ました。お腹いっぱい食べると、他の動物たちに分け与え、2匹のジャッカルもお腹いっぱい食べると、ハイエナたちが食べ残しに集まって、ハゲタカは、まだじっと待っていると読むと感心しました。自分の分だけ食べて後はお腹の空いた動物に分け与える精神が素晴らしいと思いました。
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


吉田 遠志さんのその他の作品

いなびかり / かんちがい / あたらしいいのち / まがったかわ / まいご / かれえだ



『鹿踊りのはじまり』(「宮沢賢治の絵本」シリーズ)ミロコマチコさんインタビュー

あしおと

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6




全ページためしよみ
年齢別絵本セット