もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
あしおと
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あしおと

作・絵: 吉田 遠志
出版社: リブリオ出版

本体価格: ¥1,700 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「あしおと」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2001年04月
ISBN: 9784897848860

絵本アフリカのどうぶつたちシリーズ 第1集 ライオンのかぞく 全7巻

出版社からの紹介

旅を続けるおとうとライオンの前にガゼルのむれが現れました。おとうとライオンはおかあさんの狩りの仕方を思い出しながらはじめての獲物を捕まえることができました。おとうとライオンの捕まえた獲物の食べ残しをもらうため、様々な動物がやってきます。

ベストレビュー

弱肉強食と共存

「ライオンのかぞく」シリーズのラストにしては、想像外の展開。おとうとライオンとでチータが主役交代。
動物の中で一番早いチータは、短距離選手ですぐ息切れするのですか。
それにしてもスピード感のある絵の連続でした。
この絵本のテーマは弱肉強食と共存。
大自然の中で、肉食動物は弱者を襲って生きていくのです。家族のために食料を持ち帰るけれど、蓄えることのない彼らは、残りを他の動物に譲っています。共存関係で襲われることはない。
おとうとライオンとかつて戦って傷つけあったハイエナも、食料を得ることができるとライオンを襲うことがない。共存関係は緊張関係かも知れません。
チータの母親が子どもたちに餌を持ち帰り子どもたちが喜ぶところで話は終わります。
おとうとライオンは、狩りの仕方を習得して空腹をいやし、ハイエナに残りを譲って立ち去ります。
ハイエナは、餌を譲られたことでかつての宿敵を攻撃しませんでした。
絵本の後に、様々なドラマを予感させていました。
これが大自然かもしれません。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子13歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


吉田 遠志さんのその他の作品

いなびかり / かんちがい / あたらしいいのち / まいご / まがったかわ / かれえだ



40作以上の児童文学が絵の中に!『本の子』翻訳者 柴田元幸さんインタビュー

あしおと

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット