宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
よびごえ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

よびごえ

作・絵: 吉田 遠志
出版社: リブリオ出版

本体価格: ¥1,700 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「よびごえ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • 後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2001年08月
ISBN: 9784897849447

絵本アフリカのどうぶつたちシリーズ 第2集 ゾウのかぞく 全5巻

出版社からの紹介

ぞうのむれにかわいい赤ちゃんが生まれました。むれにいる若いおばさんゾウは、おすのゾウと出会い赤ちゃんを身ごもりました。ゾウたちは優しい季節をのんびりと過ごしています。しかし、とうとう雨の降らない季節がやってきました・・・。

ベストレビュー

大自然のきびしさの中で

この絵本のテーマは自然のきびしさでしょうか、ゾウの習性でしょうか。象牙を求めてゾウを狙う人間も出てきます。
たんたんとした展開の中に、ゾウの習性とゾウの置かれた環境の厳しさを学ぶことができます。
集団で生活するめすゾウと子どもたち。歩きを覚えるまでに赤ちゃんゾウは自分のはなにつまづいたりするのですか?
一匹のおすゾウが現れます。おばさんゾウと仲が良くなります。赤ちゃんが生まれるまでに2年もかかるのですか?
水の涸れた湖、枯れた草原。大自然のきびしさの中で歩き続ける力強さも学びました。
歩き続けるゾウのむこうに砂嵐が見えるラストシーン。ゾウたちが次に直面するきびしさを痛感しました。
絵のきめ細かさと、遠景の多用。吉田さんの世界はとてもスケールの大きさを感じさせられます。
絵本の中の絵も素晴らしいですが、標題紙に書かれている木版画もすごいです。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子13歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


吉田 遠志さんのその他の作品

いなびかり / かんちがい / あたらしいいのち / まがったかわ / まいご / かれえだ



翻訳者 中井はるのさん、編集者 三輪ほう子さん インタビュー!

よびごえ

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット