へっこ ぷっと たれた へっこ ぷっと たれた
構成・文: こが ようこ 絵: 降矢 なな  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
読めば自然とリズムがうまれる!わらべうたをもとにしたあかちゃん絵本
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
つるになった少年
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

つるになった少年

作・絵: アローン・レイモンド・ミークス
訳: 工藤 直子
出版社: 河出書房新社

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「つるになった少年」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

エノーラ少年が川で泳いでいると、キラキラ光るふしぎなつぶつぶが目にとまりました。光を追って森の中に入っていくと――。オーストラリアからは、アボリジニ美術賞作家の参加です。

ベストレビュー

アボリジニのお話

オーストラリアの先住民アボリジニの話のようです。
作者自身も、アボリジニの血をひくとのこと。
この、独特の絵も民族の色を受け継いでいるのでしょうか。

つるを殺してしまった少年が、つるになってしまいます。
アボリジニの人達にとって、つるは神聖な生き物なのでしょうか。
それとも、動物を殺すことは罰があたることだと伝えたかったのでしょうか。

色の粒も謎の存在でしたし、いろいろと疑問の残るお話でした。

海外で、昔から伝わるお話を知る機会もなかなかないので、この「世界の民族絵本」シリーズは、大人の私でも興味深く読んでいます。
(なしなしなしさん 20代・ママ 女の子6歳、女の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    どんぐりちゃんの一生を描いた韓国のやさしい翻訳絵本

工藤 直子さんのその他の作品

さとやまさん / 密林一きれいなひょうの話 / 絵本で出会う星の王子さま / てつがくのライオン / おいで、もんしろ蝶 / 地球パラダイス



>絵本エイド ―こころにひかりを―

つるになった少年

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.25




全ページためしよみ
年齢別絵本セット