もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【1歳のあの子へ】声に出してみたり、真似してみたり。親子で一緒に楽しみましょう。「1歳向け絵本セット」
ドキドキ! ぜつめつ動物園
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ドキドキ! ぜつめつ動物園


出版社: 理論社 理論社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2001年
ISBN: 9784652015353

小学初級〜上級向

出版社からの紹介

恐竜,マンモス,サーベルタイガー,ニホンオオカミなど,遠い昔に絶滅した動物12種の物語。すべて一つの動物園に集まっている。

ベストレビュー

コミカルな悪魔たちが案内人ですが

この本に出会ったのは、うちの上の子が小学校中学年くらいの時、図書館にシリーズで何冊か置いてあって、見つけてきました。
うちの子は動物がだし好きだったのと、この頃から「昔のこと(出来事)」に興味を持ち始めていたので、マンガになっているし、気軽に進めてきたんです。

すごく子どもにハマりました!
漫画とはいえ、絶滅してしまった、今は亡き動物たちのことを当時の資料で知れる限り、
この本を手にするであろう子どもたちに、しっかりと伝えてくれている。と感じました。

案内人としてコミカルなキャラクターの悪魔や魔女が登場します。
このキャラクターたちも、おチャラけている割に、なかなか素晴らしい案内人で、大人でも気持ちよく読むことができました。
内容は、悪魔たちが地獄の世界に、今はなき「絶滅動物たちの動物園」を作っている。という設定です。

逆も満載なので、男女問わず、小学校の中学年くらいから高学年くらいのお子さんにぜひ、読んでもらいたい「歴史マンガ・シリーズ」です。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子15歳、女の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




山岡ひかるさんの「食べ物絵本」シリーズ 歴代編集者さんに話を聞きました

ドキドキ! ぜつめつ動物園

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット