ちびっこ魔女の大パーティ ちびっこ魔女の大パーティ
作: ジョージー・アダムス 絵: エミリー・ボラム 訳: おかだよしえ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
ちびっこ魔女3人組みは魔法の森に住んでいる。ハロウィーン・パーティをすることにした3人は、招待状を出し、おそうじをし、料理も準備して、でも…?
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
ドキドキ! サバイバル分校
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ドキドキ! サバイバル分校

  • 児童書
作: 吉川 豊 
出版社: 理論社 理論社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2003年05月
ISBN: 9784652015377

小学初級〜上級向
A5 110ページ

出版社からの紹介

南の海の小島にとり残された先生と3人の生徒。原始人として飲み物、食べ物、着る物など人類がたどった文明の歩みを体験する一年。

ベストレビュー

これからは、「心のサバイバル」の時代

息子のお気に入りで、購入した一冊です。

突然、無人島生活を強いられた一人の先生と子どもたちが、
慣れない不便な生活に四苦八苦しながらも、無人島生活を通し、
いろいろなことを学んでいく、という内容になっています。

中身は漫画なので、面白おかしく描かれているだけかと
思ったのですが、タイトルの「サバイバル分校」にあるように、
サバイバルな状況で使えそうな知識や技術などが随所に自然な
形で出てきて、いろんなことを教えてくれて、大人が読んでみても
十分楽しめる内容になっています。

この本に限っては、私は著者のあとがきもしっかり読むことを
お勧めします。著者曰く、これからは「心のサバイバル」の時代
なんだそうです。読めば納得のあとがきになっています。

大人にも是非読んでいただきたい一冊です。
(どんぐりぼうやさん 30代・ママ 男の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!
  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★

吉川 豊 さんのその他の作品

地震のひみつ / 世界にのこるストーンヘンジのなぞ / ドキドキ! どうぶつSOS!



どんぐりころころ どんぶりこ〜 まるごと、うたえる絵本!

ドキドキ! サバイバル分校

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット