こけこけコケコッコー こけこけコケコッコー こけこけコケコッコーの試し読みができます!
作・絵: にしはら みのり  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
『いもむしれっしゃ』のにしはらみのりが描く、じっくり楽しむ苔絵本! 
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
迷宮ラビリントスの島
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

迷宮ラビリントスの島


出版社: 理論社 理論社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1993年
ISBN: 9784652018859

小学中級〜中学生向

出版社からの紹介

エーゲ海のクレタ島には一度入ったら二度と出ることのできないラビリントスという迷宮があった。遺跡とギリシャ神話の謎を追う。

ベストレビュー

ギリシャ神話、ミノタウロスのお話

【内容】
まんが世界なぞのなぞシリーズ第5弾。ギリシャ神話のミノタウロスのお話。場所はクレタ島。神話の物語と、遺跡発掘のあらましを、漫画でわかりやすく紹介。
漫画:吉川 豊

世界発掘物語5:眠りからさめた古代 (著:たかしよいち、絵:小泉澄夫)
アルタミラやラスコーの洞窟の壁画(フランス)、イギリスのストーンヘンジ、ドイツのネアンデルタール人の発掘など。遺跡を発掘した人の様子を、生き生きとしたタッチで描く。(読み物)

【感想】
ギリシャ神話は、文章で読むとなんとなく格調高い、セレブのお話のような気がしてしまうが、漫画でみたら、本当に人間の愚かさや浅ましさ、醜さなどが全面的に表現されているドロドロ・ドラマだとわかった。生々しい話だが、子ども向けに毒気を少し抜いて、読みやすく、ギャグも交えて親しみやすく表現されているので、ご安心ください。
そして、興味をもったら、大人向けのギリシャ神話のお話にチャレンジしてみるのもいいでしょう。そうやって、少年少女は少しずつ大人になっていくのねえ…

ギリシャ神話のお話は、知っているとけっこう人生が楽しくなる気がします。いろいろな読み物や映画などに、モチーフとして使われる事もあるし、科学や心理学、歴史などを学んでいると、神話の世界からの影響が垣間見える事があります。
単に、読み物として面白いというのもあります。人間の心の、あらゆる部分を表現していて、神話や文学という敷居の高いものというよりも、昼のメロドラマのような感じに思えてきます。テレビをつけたらやっていそうな、そんな身近なテーマを扱っている気がします。登場人物が神様、というだけで。
歴史や不思議な話が好きな人も、そうでもない人も、読みやすいのでおススメします。
(恵里生(えりお)さん 30代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




『いちにちじごく』作者インタビュー

迷宮ラビリントスの島

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット