おばけのてんぷら おばけのてんぷら おばけのてんぷらの試し読みができます!
作・絵: せな けいこ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
うさこがごきげんでてんぷらをあげていると、においにさそわれた山のおばけが、そーっとしのびこんできました。さあ、たいへん!
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
天にそびえるバベルの塔
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

天にそびえるバベルの塔


出版社: 理論社 理論社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1993年
ISBN: 9784652018866

小学中級〜中学生向

出版社からの紹介

旧約聖書が今につたえる大建造物バベルの塔。天をめざして造られたというこの伝説の塔は,いったい何のために建てられたのか。

ベストレビュー

権力を持った人間の、愚かさがうまく表現されています。

【内容】
旧約聖書に描かれている「バベルの塔」の物語を、漫画でわかりやすく紹介。
地上では人々が同じ言葉で話をしていたが、一人の権力をもった男が、天にも届く巨大な塔を作ろうとした。神は人間の傲慢さにたいして怒り、人々の言葉をバラバラにしてしまった。言葉が通じなくなった人々は、それぞれ別々の国に散っていった。
漫画:吉川 豊

連載・世界発掘物語 文:たかし よいち 絵:小泉 澄夫
メソポタミア文明と、北京原人の話のあらまし。
チグリス川とユーフラテス川の周辺の土地は、古代に優れた文明が栄えていた。
※バベルの塔も、このあたりにあった、と言われているそうな。

【感想】
聖書の話は、文章だけで読むとよくわからないが、このように漫画でみると非常によくわかる。しかも、豊川氏は上手いので、人間の浅はかさ、愚かさ、ユーモアなどが実に生き生きと描かれている。歴史が好きな人にも、聖書を読んでいる人にもお勧めしたい作品。
バベルの話は、この作品の他にも絵本などがいくつか出ているようなので、合わせて楽しみたい。塔の形がいろいろあって、面白い。ミステリアスな興味をそそる。

メソポタミア文明は、水洗式トイレがあったり、独特の文字が発達していたりして、なかなか素敵な文明。かなり文化的な生活、都会的な生活ができていたのではないかと空想している。世界最古の図書館があったりして、かなり快適だろうな。
古代中国の文明についても、最後に少し。学生時代に学んだ世界の四大文明について思い出した。つっこんでみると結構、どの文明も面白い。絵が多いので、想像しやすくて、助かる!
(恵里生(えりお)さん 30代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




自由研究にぴったり!夏休みのおたすけ絵本

天にそびえるバベルの塔

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット