クネクネさんのいちにち きょうはパーティーのひ クネクネさんのいちにち きょうはパーティーのひ
文・絵: 樋勝 朋巳  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
【夏を楽しむページ】ひゅ〜どんどこ!絵本ナビの夏祭り2017
不老不死の国? 吉野ヶ里
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

不老不死の国? 吉野ヶ里


出版社: 理論社 理論社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1994年
ISBN: 9784652018880

小学中級〜中学生向

出版社からの紹介

古代中国の王始皇帝の命をうけ一人の男が不老不死の薬を探して旅に出た。その名は徐福,目ざすは東方の島日本。はたして薬は?

ベストレビュー

シリーズ最終巻は、恥ずかしい出来心から…

【内容】
中国の徐福という人が、秦の始皇帝に不老不死の薬を取ってくるともちかける。始皇帝は必要な物資などを徐福に与え、大船団を組んで送り出す。
徐福がたどり着いたのは、日本だったという。各地に残る徐福伝説や、古代日本と渡来人の関係などについて。
原作:たかしよいち  漫画:吉川豊
連載・世界発掘物語 :人類の祖先の発見、発掘。猿人などについて。

【感想】
物語の始まりが、セーラー服大研究を読んで、腹痛を起こした読書ドラキュラという、下らない事件というのが素晴らしい。吉野ヶ里遺跡とは全く何の関係もないギャグから古代ロマンの世界に至る。読者が話に入りやすいように工夫してくださっていると思い、涙がでる(笑)。

さておき、徐福伝説や渡来人と縄文人との関係など、興味深い話がたくさんあった。古代のことなので、よくわからない部分が多いのだが、そこが逆に魅力的でもある。漫画を見ていると、古代に、日本に住んでいた種族が、いつの間にか、外からやってきた民族にとってかわられたような印象を受ける。はたして、自分たちの祖先はいったいどういう経緯でこの土地に住む事になったのだろうか…果てしなく壮大な空想がひろがり、愉快な気分。
読み物は、猿人の発見についてかかれいていた。化石を発見してからが大変で、研究した結果を発表しても、学会の重役が認めないと、それが正しいものであっても却下されてしまうようだ。発掘作業や研究の大変さと、更に人間関係の大変さがよくわかった。考古学者も楽じゃないなあ。
このシリーズは、全8巻。最終巻に当たるこの作品は、いかにも歴史漫画の王道という雰囲気がありました。もっと別の古代ロマンについても読みたくなった。

(恵里生(えりお)さん 30代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




「あかちゃんといっしょに作ったあかちゃんのための絵本」創刊記念インタビュー

不老不死の国? 吉野ヶ里

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット