もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
ジャッキー×「木のおもちゃ」が可愛い!!|くまのがっこう木製プルトレイン
ここにも、こけが…
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ここにも、こけが…

作: 越智 典子
写真: 伊沢 正名
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2010年05月
ISBN: 9784834025569

自分で読むなら・ 小学中学年から
ページ数:40
サイズ:26X20cm

出版社からの紹介

歩道の敷石の隙間に、街路樹の木肌、校庭のすみ、コンクリートの塀の下にも、コケは見つかります。ルーペを近づけて見てみると、そこはまるで森のよう! さまざまなコケが入り交じって生えており、そのひとつひとつが独特で精緻な姿を見せてくれます。
 その姿は恐竜が現れるよりもずっと前、4億年も前から、ほとんど変わっていません。何ヵ月も氷づけになったままでも、何年も乾燥したままでも、枯れずに生き抜くコケもあります。子孫や仲間を増やすには、胞子を飛ばして増えるだけでなく、体の一部を切り離して増えることもできるのです。
 身近なのにほとんど知られていないコケの美しさと不思議な生態に迫ります。
(「たくさんのふしぎ」2001年6月号で刊行された作品です)

ベストレビュー

いろんなところにコケがある

このお話は、道端・水中・寒い環境などいろいろな所でコケが育っているのを紹介してある絵本でした。道端の苔は子供も知っていたのですが、他にも光るコケや、水中の苔、凍ったままでも死んでいないコケなど珍しい苔を見てとても楽しそうでした。私も、凍ったままでも生きていける苔は初めて見たのでびっくりしました!
(イカリサンカクさん 30代・ママ 男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


越智 典子さんのその他の作品

サルってさいこう! / ちいさなちいさな めにみえない びせいぶつの せかい / ラビントットと空の魚 (3) くれない月のなぞ / ラビントットと空の魚 (2) そなえあればうれしいな / ラビントットと空の魚 (1) 鰹のたんぽぽ釣り / かめの ひなたぼっこ

伊沢 正名さんのその他の作品

うんこはごちそう / 日本のきのこ / カビ図鑑 野外で探す微生物の不思議 / ほら、きのこが…… / 【新装版】科学のアルバム コケの世界 / 【新装版】科学のアルバム キノコの世界



人気デュオ ガーガーズのパネルシアターから生まれた絵本

ここにも、こけが…

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.57

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット