貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
ピッキーとポッキーのかいすいよく
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ピッキーとポッキーのかいすいよく

  • 絵本
作: あらしやまこうざぶろう
絵: あんざいみずまる
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2010年05月
ISBN: 9784834025606

読んであげるなら・ 2才から
ページ数:32
サイズ:22X20cm
関連書籍
ピッキーとポッキー

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

前作「ピッキーとポッキー」で、お花見の冒険にでかけたうさぎのピッキーとポッキーが、今度は手作りのいかだに乗って、海へ出発! もぐらのふうちゃんとねずみも一緒です。ピッキーはとうもろこしの葉っぱの水着、ポッキーはあさがおの花の水着を持っていきます。
 川をどんどんくだり、川岸のお店で、ひまわりの葉っぱの帽子、さといもの葉っぱのパラソル、水中眼鏡を手に入れながら、海に到着します。さっそく、海に入って遊んでいたら、いたずら好きのたこが足をすーっと伸ばしてきて、みんなを沖のかなたに放り投げてしまいました。
 でも、大丈夫。溺れているみんなを見つけて、かもめの監視員と、とびうおの救助員が出動。ピッキーとポッキーは、かもめにぶらさがって空をひとっとび。ふうちゃんは、とびうおの背中に乗って、砂浜に無事もどることができました。
 今回の作品も、巻頭には子どもが大好きな「冒険地図」がついています。海までの冒険を地図で何度もたどったり、救出劇のハラハラを味わったり。ピッキーとポッキーと一緒に、夏の冒険の一日を楽しんでください。

ベストレビュー

物々交換を経て

海水浴に必要な物を揃えるピッキーとポッキー凄いですね。海で起きるトラブルも何のその。しかしこの絵本は何ですか、マジックか何かで色を塗ってるんでしょうか。塗った跡が何となくわかる本というのも珍しい。皆で何かを食べてる場面はほっこりしますね。
(梅木水晶さん 30代・ママ 女の子6歳、男の子3歳、女の子0歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


あらしやま こうざぶろうさんのその他の作品

ロボとピュ−タのはいくえほん なつやすみのまき / ピッキーとポッキーのはいくえほん おしょうがつのまき / ピッキーとポッキー



20か国以上で大反響!プログラミングの魔法の世界へようこそ

ピッキーとポッキーのかいすいよく

みんなの声(23人)

絵本の評価(4.46

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット