だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
おかっぱちゃんとひみつのともだち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おかっぱちゃんとひみつのともだち

作: 古瀬 絵理
絵: 田中 伸介
出版社: 文芸社

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年06月
ISBN: 9784286091792

A5横上 32ページ

出版社からの紹介

どんつく どんつく どんつく ちょい♪ おかあさんのことが大好きなおかっぱちゃんは、今日も元気に遊んでいます。でも、怒られてちょっとすねたら、さぁ大変。ひみつのともだちと一緒に繰り広げる、ワクワクほろり、母娘の絆を描いた絵本。親子で声に出して楽しめる、小さな「気づき」がたくさんつまった一冊です。元NHK情報番組キャスター、古瀬絵理が自身の体験をモチーフに執筆したデビュー作。

★作者の古瀬絵里さんのコメントをご紹介します! 『おかっぱちゃんとひみつのともだち』は、母との思い出をモチーフに考えました。母は子供の頃から、大好きだけれど、厳しくて怖い存在でした。だけど、愛情深さは伝わっているから、大事な存在であることに変わらない。きっとそれはどこの家にもあるジレンマみたいなものなのかもしれません。
自分の子供の頃の思い出に浸りながら……。さらには、日々のお子さんの成長を見つめながら・・・。お母さん、お父さん達と子供たちの繋がりの時間に一緒に読んでいただけたら嬉しいです。
古瀬絵理(ふるせ えり)

ベストレビュー

隅から隅まで楽しい本です^^

3歳の娘に読み聞かせるにはとても楽しい絵本です

ハッキリ言ってとってもママの読み聞かせの技術を問われますが(笑)

楽しいセリフやリズムにあわせて工夫して読むと

本当に嬉しそうにしていました♪

どんつくどんつくどんつくちょい♪のとこは我が家オリジナルの
サウンドとリズムが出来上がりました

また絵も素晴らしく、隅々まで見て娘は楽しんでいます

サイズもカバンに忍ばせやすいので、持ち歩いて助かっています

娘の一番のお気に入りです^^

ママにとってもなんだか懐かしい気持ちにさせてくれる絵本でした
(ふうたん☆ママさん 30代・ママ 女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


田中 伸介さんのその他の作品

なくしものくじら / ネコとツリー / クモノス / ありがとうさようならベス / ねこの王子様 / かに兄弟



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

おかっぱちゃんとひみつのともだち

みんなの声(6人)

絵本の評価(4

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット