ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
大好きな絵本の可愛いあの子!【絵本キャラクターぬいぐるみ大集合】
ひぐれのお客
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ひぐれのお客

作: 安房 直子
絵: MICAO
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2010年05月
ISBN: 9784834025637

自分で読むなら・ 小学中学年から
ページ数:208
サイズ:19X13cm

出版社からの紹介

歿後なお新たな読者を獲得し、読み継がれつづける安房直子。本短篇集は、小社の雑誌「母の友」「子どもの館」に発表された作品のみをあつめ、刺繍による美しい絵を挿んで編んだものです。
 白いおうむのみちびきによって、死後の世界で姉さんと会う女の子。くじゃくの化身たちにそそのかされ、世にも奇妙な布を織ることになったはた織り。けんけんをするうちに、うさぎに吹雪のなかへとさそいこまれてしまった女の子。白ねずみに針さしを貸してやったおばあさんや、猫といっしょに魚とりをするはめになったおばあさんの夢のあと。まっ黒なネコが裏地屋さんにたのんだ布の色とは……。どのお話も、一風変った動物たちが、ひとりの時間を過している子どもや大人たちを、ふしぎな世界へといざなっていきます。
 さみしくて、あたたかく、かなしくて、でもうれしい、すきとおるような味わいの童話集。これまで単行本未収録だったエッセイ「絵本と子どもと私」も収載。

ベストレビュー

つい買ってしまいました

安房直子さんの本は高校生ぐらいの時から買い集めていて、今も持っています。

絶版本もかなり持っているし、この本に収録されているお話も読んだことがあるのですが、単行本未収録のエッセイがあるということで、ついついつられて買ってしまいました。

エッセイ「絵本と子どもと私」を読んで、やっぱり買ってよかったなあと思いました。

このエッセイ、安房さんが息子さんに読み聞かせをしていた時のことが書かれていて、現在子育ての中でどんな風に読み聞かせをしたらいいかと思っておられる親御さんの指針にもなりそうだと思いました。

エッセイのことばかり書いてしまいましたが、収録されている童話はどれも安房さんらしい珠玉の作品だと思います。

安房さんファンの私としては一人でも多くの方に、安房さんの作品を読んでいただきたいという思いでレビューを書いています。

秋には「ひぐれのラッパ」も刊行予定だということで、こちらの方も楽しみにしています。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


安房 直子さんのその他の作品

銀のくじゃく / みどりのはしご / だんまりうさぎとおしゃべりうさぎ / 偕成社文庫 北風のわすれたハンカチ / 風のローラースケート 山の童話 / みどりのスキップ

MICAOさんのその他の作品

リンリンちゃんとワンゴ天才発明会社 / ひぐれのラッパ



世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

ひぐれのお客

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット