まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
ぼくのブック・ウーマン
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくのブック・ウーマン

作: ヘザー・ヘンソン
絵: デイビッド・スモール
訳: 藤原 宏之
出版社: さ・え・ら書房

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年04月
ISBN: 9784378041247

21*26/40ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

カル少年は、高い山の上に住んでいるので、学校へ通うことができません。もちろん図書館なんてないし、本を読みたいと思ったこともありませんでした。ある日、馬に乗った女の人が、カルの家に本を持ってやってきて……。いまから80年ほど前、アメリカは不景気の時代で、だれもが貧しくはありましたが、子どもに本を読ませたいという気持ちを忘れませんでした。学校も図書館もない不便な所で生活をしている子どもたちのために、図書館の本を届けようと考え出されたのが、「荷馬図書館員」という職業でした。彼女たちは「ブック・ウーマン」と呼ばれ、馬に乗って、暑い日も、寒い日も、どんなに遠い道のりでも、ひたすら子どもたちの手もとに本を届けたのです。

ベストレビュー

本を運ぶ女性

「ブック・ウーマン」は、その本を運ぶ女性で、馬に乗り、暑い日や寒い日も一日がかりで、山の上まであがってくるのは、並大抵なことではないので、感謝しかないなあと思いました。大家族で暮らす長男であるカルの気持ちが淡々と描かれていました。本好きな妹の気持ちも”にわとりのひっかいたあとみたいな文字」と思っていたのが、読めるようになって本を読む楽しさ、嬉しさが伝わってきました。カルの感謝の気持ちもブック・ウーマンに伝わってよかったと思いました。
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


デイビッド・スモールさんのその他の作品

まあ、なんてこと! / ベルのともだち / エリザベスは本の虫 / リディアのガーデニング

藤原 宏之さんのその他の作品

いぬのロケット本を読む / こうもりぼうやとハロウィン / スミス先生とふしぎな本 / ママのとしょかん / わたしのとくべつな場所 / トマスと図書館のおねえさん



『ぼっちとぽっち くつしたのおはなし』まつばらのりこさん インタビュー

ぼくのブック・ウーマン

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.73

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット