ぼくはめいたんてい(1) きえた犬のえ(新装版) ぼくはめいたんてい(1) きえた犬のえ(新装版) ぼくはめいたんてい(1) きえた犬のえ(新装版)の試し読みができます!
文: マージョリー・W・シャーマット 絵: マーク・シーモント 訳: 光吉 夏弥  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
レビューコンテスト開催中、たくさんのレビューお待ちしてます!
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
ロックフォール団のねずみたち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ロックフォール団のねずみたち

作・絵: サンディ・クリフォード
訳: 本間 裕子
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1999年08月
ISBN: 9784198610623

学校低中学年から
B6判/144ページ

出版社からの紹介

ニコルは、フランスからやってきたおじょうさんねずみ。行方不明になったふたごの子ねずみをさがすうち、「ロックフォール団」と名乗る三匹の荒くれ者のねずみたちと出会いました。案外気のいい三匹はニコルと力を合わせて、子ねずみを救出するために、巨大なねこを相手に大活躍! かわいい挿絵入りの楽しいお話。

ベストレビュー

いろいろな物語のエッセンス

息子の国語教科書の読書案内についていました。

最初、フランスからやってきたねずみのニコルの説明文のあたりで息子が気のない様子を示し「ピーター・パンの方がいい」と言ったのですが、「ロックフォール団のねずみたち」が登場したあたりから俄然おもしろくなったようです。

「ロックフォール団のねずみたち」の「三びきはいっびきのため、いっぴきは三びきのため」という言葉。

どこかで同じような言葉を聞いたことがある。

人形劇で放映中の「三銃士」の中でした。「三銃士」好きな息子、ロックフォール団のねずみたちを三銃士になぞらえて聞いていたようでした。

多少なりともこの話も影響を受けているのかもしれませんね。

女のねずみが救出劇をするというのは、ミス・ビアンカシリーズにも通じるところがあり、いろいろな物語のエッセンスを感じました。

冒険もの好きな息子は、おもしろそうに聞いていました。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


本間 裕子さんのその他の作品

アネイリンの歌 ケルトの戦の物語



世界じゅうで翻訳され、読み継がれているロングセラー

ロックフォール団のねずみたち

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット