バスていよいしょ バスていよいしょ
作: 重松 彌佐 絵: 西村 繁男  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
よいしょ、よいしょ・・・「そち何をしておる!」さて誰がやってきた?
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
ペニーさん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ペニーさん

  • 絵本
作・絵: マリー・ホール・エッツ
訳: 松岡 享子
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1997年
ISBN: 9784198607234

5歳から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

貧乏でも動物たちと幸せに暮らしていたペニーさんでしたが、ある日、動物たちがおとなりさんの畑を荒らしてしまいます。怒ったおとなりさんから損害賠償の要求をされ、困り果てるペニーさんを救おうと動物たちは…。「生まれながらのストーリーテラー」と称された、絵本作家エッツのデビュー作。

ベストレビュー

読み応えのある大作です

長男が図書館で借りてきました。
開いたとたん、絵本とは思えないくらい細かい字が並んでいたので、正直言うと「ゲ〜ッ!」と思ってしまったのですが、返却日が迫ってたこともあり、覚悟を決めて(笑)一気に読みました。(30分くらいかかります。余裕のある方は数回に分けて読んでもいいかもしれません。)

いや〜、でも、おもしろかったです。
ペニーさんというおじいさんと、いっしょに住んでる動物たちの話なのですが、ある出来事をきっかけに、役立たずの困ったちゃんの動物たちが、ペニーさんのために力になりたいと大変身をするのです。その変身ぶりがみごとです。

そしてこれは、「もりのなか」や「わたしとあそんで」で有名な作者のデビュー作らしいです。白黒だけで描かれてるのに、どうしてこんなに惹きつけられるのだろうという絵です。
(ぼのさん 30代・ママ 男の子9歳、女の子7歳、女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★

マリー・ホール・エッツさんのその他の作品

ねずみにぴったりの のりもの / ロベルトのてがみ / ペニーさんのサーカス / いどにおちたぞうさん 改訂版 / ねずみのウーくん いぬとねことねずみとくつやさんのおはなし / おやすみ、かけす

松岡 享子さんのその他の作品

グリムのむかしばなし 1 / りこうな子ども アジアの昔話 / サンタクロースの部屋 / 岩波少年文庫 大きなたまご / 新装版 フランシスのいえで / うたこさんのおかいもの



自由研究にぴったり!夏休みのおたすけ絵本

ペニーさん

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.7

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット