くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
福を呼び込んでくれる!絵本『おふくさん』の複製画が、絵本ナビ限定で発売中♪
ねこざかなのたまご
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ねこざかなのたまご

作・絵: 渡辺 有一
出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年02月
ISBN: 9784577037423

幼児から
23x24cm 24ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


渡辺有一さんにインタビューしました!

出版社からの紹介

ねことさかながジャングル目指して川をのぼっていくと、岸辺にたまごを発見! 2匹はお母さん気分でたまごを温めてみることに。

ベストレビュー

なんのたまごかな

息子が大好きなシリーズです。
今回はたまごを見つけたねこざかなのお話でした。
ニコニコしながら卵をあたためるねこざかながとってもかわいかったです。ねこざかなの赤ちゃんだったらな〜とわくわくしてる姿に、「ねこざかなのわけないよね〜」と息子は笑っていました。
そしてついに殻が割れてでてきたのは…ワニの赤ちゃんでした。
ワニャーの鳴き声がかわいいです。
赤ちゃんが生まれたあとに帰ってきたワニのお母さんにはバナナの林に案内してもらってバナナをたらふく食べて、なんかねこざかなの一日って毎日楽しそうでいいな〜と思っちゃいました。
(てつじんこさん 30代・ママ 男の子7歳、男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


渡辺 有一さんのその他の作品

ねこの ひけしや / ぼく、おおきくなるからね / ねこのでんきや スイッチオン / ギンジとユキの1340日 / ねこまるせんせいとせつぶん / まよなかのたんじょうかい



『おやすみヨガ』いとうさゆりさんインタビュー

ねこざかなのたまご

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.42

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット