なつみはなんにでもなれる なつみはなんにでもなれる なつみはなんにでもなれるの試し読みができます!
作・絵: ヨシタケシンスケ  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
ヨシタケシンスケがおくる、くりかえしが楽しいまねっこ絵本!
はらぽこおやむしさん 40代・ママ

さすがです!!
さすがヨシタケシンスケさん!とっても面…
【2歳のあの子へ】絵本をよみながら、たくさんの会話や発見ができるのが楽しいですね。「2歳向け絵本セット」
子どもの本の現在
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

子どもの本の現在

作: 清水 真砂子
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「子どもの本の現在」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

児童文学者は今日という時代とどう切りむすび,自分自身とどう折り合いをつけているのか.7人の作家の作品に対峙し,人間と状況,言葉と生理,生の根源に向けての鮮烈な問いで肉薄する.新しい地平を拓くしなやかな児童文学論.

ベストレビュー

なるほどと思えるところがありました

清水真砂子さんの本ということで読んでみました。

石井桃子、神沢利子、灰谷健次郎、松谷みよ子など自分も読んだことがある作家についての著述が興味深かったです。

時折使われる「生理」という言葉が清水さん独特な切り口だなあと思いました。

この時期には、存命の方たちも何人かおられます。

実際に活躍しておられる作家さんを前に甘口ではない論を展開するのも清水さんならではだと思いました。

読んでいない作家さんについては作品を読んでからまた読んでみたいと思いました。

清水さんがあとがきでも書いておられますが灰谷健次郎、松谷みよ子両氏については、読んでいてなるほどと思えるところがありました。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子8歳)

出版社おすすめ

  • だれのあしあと
    だれのあしあとの試し読みができます!
    だれのあしあと
    作・絵:accototo ふくだとしお+あきこ 出版社:大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
    雪のうえのあしあと、だれのかな? 冬のあてっこ遊び絵本

清水 真砂子さんのその他の作品

カルペパー一家のおはなし / 岩波ジュニア新書 大人になるっておもしろい? / 岩波少年文庫 めざめれば魔女 / ピーターサンドさんのねこ / ドラゴンフライ ア−スシ−の五つの物語 / ア−スシ−の風 ゲド戦記6 新版



『おふくさん』 服部美法さん インタビュー

子どもの本の現在

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット