くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
図書館ラクダがやってくる
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

図書館ラクダがやってくる


出版社: さ・え・ら書房

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年04月
ISBN: 9784378041254

この作品が含まれるテーマ

ベストレビュー

世界の移動図書館

副題にもある、「子どもたちに本をとどける世界の活動」を解説した
写真絵本。
オーストラリア、アゼルバイジャン、カナダ、イングランド、フィンランド、
インドネシア、ケニヤ、モンゴル、パキスタン、パプア・ニューギニア、
ペルー、タイ、ジンバブエ。
世界の様々な移動図書館の様子が紹介されていますが、
メジャーなバスでも、ほら、トレーラーの規模とはびっくりです。
船やトラック、手押し車はもちろんのこと、ラクダ、ゾウ、ロバにいたっては、
壮観です。
そして、何より、本を求めて集まってくる子どもたちの姿がいいですね。
「わたしたちにとって、移動図書館は、空気や水と同じくらいたいせつなものなのです」
という図書館員の言葉が印象的です。
本を読めるありがたさを痛感しました。
と同時に、図書館の大切さが伝わってきました。
(レイラさん 40代・ママ 男の子17歳、男の子15歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




『ねこすけくん なんじにねたん?』木田哲生さん、 伊東桃代さん、さいとうしのぶさん インタビュー

図書館ラクダがやってくる

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.67

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 1
  • 大人 4



全ページためしよみ
年齢別絵本セット