だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
【1歳のあの子へ】声に出してみたり、真似してみたり。親子で一緒に楽しみましょう。「1歳向け絵本セット」
はなのさくえほん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

はなのさくえほん

  • 絵本
作: いしかわ こうじ
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,100 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年06月
ISBN: 9784494002399

0.1歳〜
18.7×20.8cm 22頁

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

 すごくシンプルなのに「なるほど!」とうなってしまう様なしかけ絵本を創るいしかわこうじさん。三方向に開くしかけで好評の前作『たまごのえほん』に続いて登場したのが『はなのさくえほん』。題名の通り、はじめは小さかった種が芽を出し、ぐんぐんのびて、最後に花が咲きます。何といっても三つに折り畳まれたしかけをめくっていくと、どんどん上に伸びていくその成長ぶり!小さな種と大きく開いた花のその違いに新鮮な驚きと生命力の素晴らしさを感じずにはいられません。しかけと内容がぴったりと合っているからこそなんでしょうね。
 クイズ形式で読むのも楽しみ方の一つです。種と芽だけで名前を当てるのは、大人でも意外と難しいのです。更に成長の仕方と花の咲く様子をこんなにわかりやすく見せてくれる絵本って他にはなかなかないかもしれませんね。何だか小学校時代の夏休みの観察日記を思い出してしまいます。これは幅広い年齢層で楽しめそうな1冊ですね。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

はなのさくえほん

出版社からの紹介

しましまの種、土にまいてみよう。ふたばがでたよ。ぐんぐんのびて…、おおきなヒマワリさいたよ。チューリップ、スミレ、子どもに身近な花々が元気に美しくさきます。内容にぴったりの、驚きのあるしかけも魅力。

ベストレビュー

お花が咲いた

しかけをめくると,植物が大きくなって花が咲きます.
この前おばあちゃんちで花の種を植えた息子は,それを思い出したのか,真剣に見ていて,しかけを自分で何度もめくっていました.それぞれのお花のページに,虫などの生き物がいるのも息子は面白かったみたいです.
花の種(球根)には,いろんな大きさ形のものがあるんだよっていうことを教えることもできたので読んでよかったです.
(てつじんこさん 30代・ママ 男の子5歳、男の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

いしかわ こうじさんのその他の作品

ハロウィンのかくれんぼ / どうぶつくみたてパズル / うみののりものえほん / どうぶつのりものかくれんぼセット(2点セット) / おはようのえほん / むしいろいろかくれんぼ



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

はなのさくえほん

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?

せんせいの声 1人

せんせいの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット