あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。
りおらんらんさん 30代・ママ

いいです!
6歳の娘が、赤ちゃん大好きでして。 …
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
サケのりんたろう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

サケのりんたろう

作: 志茂田 景樹
絵: 柴崎 るり子
出版社: Kiba Book志茂田景樹事務所

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「サケのりんたろう」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

おとなになるため、いきるため

サケのりんたろうの一生の物語です。
たまごから孵ったサケのりんたろう。
川を下って行きたいという本能と、どうして下りたいのかわからなくてヤマメのおじさんに話を聞きます。
そこで、大人になるための苦しみ、危険について教えてもらいます。
生きていくためには危険や苦しみがいっぱい。
そしてそれほどまでにして、どうして生きていくんだろうと問いかけます。
ヤマメのおじさんが言った言葉「生きることのよろこびを知るためさ」がとても感動的。

サケの一生の物語です。
サケは本能に生き、苦難を乗り越えて海にくだり、海で育って故郷に戻ります。
サケの一生は危険の中の生き残り。
でも、ふるさとに戻って次の世代に夢をたくして、たまごを産んで受精させると死んでいく。

サケの勉強にもなり、生きることについて子どもたちへの強いメッセージでもあり、とても良い本だと思います。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子13歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


志茂田 景樹さんのその他の作品

ばっちゃのコグマ / ぼくの天国ポスト / ぼくらの街にキリンがやってくる / キリンがくる日 / ぽんちとちりん / こうしのぼうけん

柴崎 るり子さんのその他の作品

ルナと光の天使 / はととみにくいひばりのこ / でたがりもぐら / ぞうのこどもがみたゆめ / ぼくはほしのこ



『からだ♡あいうえお』 吉澤穣治さんインタビュー

サケのりんたろう

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット