アリとくらすむし アリとくらすむし
写真・文: 島田 たく  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
アリとくらす、知られざるむしたちにせまる写真絵本。アリに姿をにせて身をかくすむしや、アリと助けあうむしなど、驚きの姿を大紹介!
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
いちごがうれた
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

いちごがうれた

作: 神沢 利子
絵: 渡辺 洋二
出版社: 新日本出版社 新日本出版社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,165 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「いちごがうれた」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1994年03月15日
ISBN: 9784406022385

小学校低学年〜小学校中学年

出版社からの紹介

モコは五月の野原を思いっきりとびはねます。だまってからだをゆすっているだけのかばの木に、「かばかばかばかばかばかの木」と腹を立てるモコ。でも、なかよしのミミちゃんは白いみきに耳をあて、「かばの木のことばが聞こえる」といいました。


ベストレビュー

女の子の方が大人

うさぎのモコのシリーズ4冊目です。
5月のよく晴れた日、モコはたんぽぽの花を摘んで胸につけ、金ボタンみたいだから、誰かに見せようと、カバの木のところまできました。でも、カバの木はだまって体をゆするだけ。とんぼがえりをしてみても同じ。
「カバの木なんてつまんないや。かばかばかばかばかばかの木」モコが言うと・・・。

モコにはわからない木の言葉を、友達のミミはわかると言います。そして、モコの考えてることもズバリ当ててしまいます。
本当に、小さい頃って女の子の方が大人〜って思えますね。

ささいな子どもたちの日常を、さらりとかいただけの絵本なのですが、ほほえましいですよ。
(ぼのさん 30代・ママ 男の子9歳、女の子7歳、女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


神沢 利子さんのその他の作品

うすむらさきの花の下は? / くろねこトミイ / おばあさんのひっこし / やさいのともだち / しあわせなワニくん かんちがい レストラン / しあわせなワニくん あべこべの1日

渡辺 洋二さんのその他の作品

ちいさなこだまぼっこ / そうちゃんはおこってるんだもん / こいぬをむかえに / 渡辺洋二の島・ふとんかいすいよく / ぼっちたちの夏 / 雨の日の午後



人気デュオ ガーガーズのパネルシアターから生まれた絵本

いちごがうれた

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット