ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…
見てください!この福々しいミッフィー!! 【嬉しい再入荷です♪】
おはなし名画をよむまえに(1) シャガールのそらとぶふたり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おはなし名画をよむまえに(1) シャガールのそらとぶふたり

  • 絵本

出版社: 博雅堂出版

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2010年07月
ISBN: 9784938595432

24×26cm・22ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

博雅堂の子ども向け絵本画集に新シリーズ「おはなし名画をよむまえに」が登場

「おはなし名画」を読むのは、ちょっと早いかなと思ったらのぞいてみよう!
シャガールの愛の国を

おはなし名画をよむまえに(1) シャガールのそらとぶふたり

ベストレビュー

名画の世界に触れる

3歳0ヶ月の息子に読んでやりました。私はシャガールの絵が好きですが、こういう絵に出合ったのが遅かったので、息子には早くから触れさせてやりたいと思って読んでやりました。

世界的な名画が絵本になっているというのは少々変わった趣向でおもしろいですが、やはり3歳の息子には少々早かったかもしれません。何が書いてあるかは分かるのですが、顔が少々恐いので、退いてしまうのです。もっと優しい顔つきの絵もたくさんあるはずなのですが、たまたまのセレクションが良くなかったのかも知れません。

絵画と絵本の絵の違いを理解しているとは思えませんが、とにかく色々なものが描かれているね、パパとママみたいだね、抱っこしてるね、飛んでいるね、と恐いところには触れずに、絵の中にあるものを二人で探すということだけに集中しました。一応、絵本の文章としては、いろいろと導いてくれるのですが、まだそれらを理解するには早すぎ・・・。親としては、こういう絵の紹介で、自分の好きななにかがひとつでもあればいいかなーと思いました。きっとそこから、好きな絵が見つかると思います。

世界の名画に触れさせたいと思う方には是非どうぞ。細く、長く、見せてやるにはいい本だと思います。
(minatsuさん 30代・ママ 男の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

おはなし名画をよむまえに(1) シャガールのそらとぶふたり

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.25

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット