ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
大切な子へのプレゼントに。【お子様の名前入り】はらぺこあおむしのバスタオル。
赤ちゃんのことばあそび 愛蔵版 だっだぁー
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

赤ちゃんのことばあそび 愛蔵版 だっだぁー

  • 絵本
作: ナムーラミチヨ
出版社: 主婦の友社

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥850 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2010年07月
ISBN: 9784072738443

20×19cm判・24ページ

0〜1歳 編集部おすすめ

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


主婦の友社編集者にインタビューしました!

出版社からの紹介

赤ちゃんのことばあそび……「ぶっひゃひゃぁー」「むちゅむちゅ」、共通言語は擬音語です。赤ちゃんだっておしゃべりしたいんです。この本は、ことばの音を楽しむ遊び心を応援します。調子をつけたり、声色を変えたり、たとえば「だらっだらーーー(と間をひきのばして期待させて)……だっだぁー!」と喜び合ったり。自由に盛大に遊んでください。ちなみに、登場するカラフルなお化けたちは、赤ちゃんの守り神です。(作者・ナムーラミチヨより)

これぞまさしく赤ちゃんのための絵本。2004年8月発売の同名のボードブックは、発売以来、赤ちゃん自身が、愛して・反応して・読みたがる(読んでもらいたがる)絵本として、ママたちから熱い評価を得てきました。「赤ちゃんの評価が高い絵本」ナンバーワン! 赤ちゃんの初めての1冊に、自信を持っておすすめします。

赤ちゃんのことばあそび 愛蔵版 だっだぁー

ベストレビュー

衝撃

0歳から読んでいる本です。表紙の粘土の顔とそのタイトルに衝撃を受けた本です。中は擬音語が沢山。意味のないその言葉たちはまるで赤ちゃん語のようです。自分が赤ちゃんになったつもりで読むのが良いです。不思議とまだ言葉もしゃべれない娘とコミュニケーションが取れる感じがします。娘もこれらを聞いて嬉しそうに笑顔で答えてくれました。これは新しい形の赤ちゃんの絵本だと思いました。
(リブローネさん 30代・パパ 1歳)

おすすめレビュー

ことばはよりも表情の真似が得意です

様々な表情の顔と擬音が、とにかくシンプルに目に飛び込んできます。よく「子供は顔が好き」と聞きますが、まさにそのようで、初めて読んだときから繰り返し読むことをせがまれました。まだ言葉の真似は「だっだあー…

→続きを読む

powerd byまなびナビ

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ナムーラミチヨさんのその他の作品

おぱっけ〜 / からだ ドックン ドックン・・・ / ころころとんとん / ズバリ答えます!600人の小学生からとどいたたくさんのなぜ?(4) 地球のなぜ? / ズバリ答えます!600人の小学生からとどいたたくさんのなぜ?(2) 人のくらしのなぜ? / 宇宙のなぜ?



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

赤ちゃんのことばあそび 愛蔵版 だっだぁー

せんせいの声 1人

せんせいの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット