あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
ふしぎメッセンジャーQ かえってくるゆうれい画
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ふしぎメッセンジャーQ かえってくるゆうれい画

  • 児童書
作: 斉藤 洋
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

「ふしぎメッセンジャーQ かえってくるゆうれい画」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年04月
ISBN: 9784591102732

小学校中学年〜
サイズ :20.5cm x 15.5cm ページ数 :120ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

何度運んでも、もとのお寺にもどってきてしまう、なぞの幽霊画。それを運ぶしごとをたのまれたメッセンジャーQの勇は、つつみをもって出かけていったが・・・。

ベストレビュー

ありがちな話だけど、先が気になる!

「読み終わったら、ちょっと怖くなっちゃった」そうです。
うちの5年生は…。

メッセンジャーQのシリーズ4巻ですね〜。
主人公の少年は小学校たぶん5年か、6年生。相棒は元気な中学生の女の子。こういう取り合わせも、子どもたちが興味をひくんだろうな〜、とつくづく思いました。

知人のボランティアのお母さんにこのシリーズのことを教えてもらって、我が家で読み始め、下の5年生はあっという間にはまってしまいました。

今回のお話は、知る人ぞ知る有名な「幽霊の絵」が、必ず持主のところへ戻ってきてしまう。というお話です。
うちの子は怖がりましたが、怖い話が好きってお子さんにはそれほど怖い内容ではないと思います。
やっぱりお薦めは小学校中学年から高学年くらいの、怖い話が好きなお子さん。
ポプラ社ならでは(?)の、子どもたちが読みやすい趣向で、イラストなどもバンバン載っている、気軽に読めるタッチの児童書です。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子15歳、女の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


斉藤 洋さんのその他の作品

ほらふき男爵の大旅行 / ギュレギュレ! / アリスのうさぎ / 講談社アニメ絵本 ルドルフとイッパイアッテナ / ふしぎパティシエールみるか (1) にんぎょのバースデーケーキ / 講談社文庫 ルドルフともだちひとりだち



体験型絵本シリーズ創刊! 「BigBook」シリーズ体験レポート

ふしぎメッセンジャーQ かえってくるゆうれい画

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット