だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
見てください!この福々しいミッフィー!! 【嬉しい再入荷です♪】
なしうりとせんにん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

なしうりとせんにん

作: 小沢正
出版社: チャイルド本社

ベストレビュー

もし 仙人になしあげていたら?

中国の昔話には 仙人がよく出てくるのですが・・・

このお話の なしうりは なしを売って生計を立てているのですが、たまたま、みすぼらしいおじいさんが 「すまんが、なしを めぐんでくださらんか のどが からからなってしまってな。」
しかし なし売りは いじわるくなしをあげるどころか 悪口を言うのです

この罰が 仙人だったおじいさんに 懲らしめられるのです!

町の人の優しさと なし売りのけちんぼうな根性が 対比されていて

やはり 一つぐらい分けてあげたらな〜(お話の世界では 良い心と 悪い心が 有るので わかりやすいのですが・・・・) 

もしこのなし売りが おじいさんに なしをあげていたら どんなお話の展開になるかしらと 考えてしまいました

なし売りに意地悪されても 仙人は、なしを 気持ちよくあげます、このときのなし売りは 嬉しそうな顔です。(本当に悪人だったら なしをもらってこんないい顔しないでしょうから・・・・)

人は 意地悪されたら 恨みも出てくるものですが、ここは仙人ですから
戒めているのですね!
 
なし売りは 心を入れ替えて 又なしを売って生計たてて欲しいな〜

こんな風に感じてお話を読みました

絵も優しい絵ですから 子供にも十分分かる昔話の絵本です(水野 二郎氏)
どう感じるか 子供の声が聞いてみたいです。
(にぎりすしさん 50代・その他の方 )

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

小沢正さんのその他の作品

まほうのかさ / こぶたのぶうくんと しりとり / こぶたのぶうくん / アラジンとふしぎなランプ / リンカーン / へんてこパン



『はやくちこぶた』早川純子さんインタビュー

なしうりとせんにん

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット