ぼくたち、いちばん! ぼくたち、いちばん!
文: ジェーン・イーグランド 絵: 東條 琴枝 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
小さめサイズが可愛い♪「こんとあき」など絵本柄のおつかいバッグはいかがですか?
もりもり小学校 なぞなぞおべんとう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

もりもり小学校 なぞなぞおべんとう

作・絵: 薫 くみこ
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年03月
ISBN: 9784591080795

小学校低学年〜
サイズ :22cm x 15.5cm ページ数 :80ページ

出版社からの紹介

もりもり小学校はおいしくて楽しい学校。なぜならきゅうしょくのおばさんがまじょなんです。こんかいは楽しい遠足。 ところが・・・。

ベストレビュー

こういう「遠足」なら楽しい。

これはとても楽しい「遠足」のお話でした。
もりもり小学校に居ついてしまったお料理好きの3人の魔女たちは、とっても気のいい給食のおばさんになってしまいました。

子どもたちも、魔女たちの作る給食は大好き!学校の給食って、楽しいことの1つだと思うんですよ。
こういうところに目を付け、面白くてワクワクできるお話を書いてくれる薫さんって、ホントにすごい!作家さんです。

今回は大雨のせいで、2年生の遠足は予定していた場所へ行けなくなってしまいます。校長先生に相談された魔女たちが提案した案は、
いつでも行けるような学校裏の公園にちょっとした魔法をかけて、不思議な公園として、アドベンチャーコースを作ってくれちゃうのです!!

知っているはずの場所が、全く知らない場所になるっていうのは、怖いけれども、ドキドキワクワクするものです。
もりもり小学校の子どもたちと一緒に読んでいる子どもたちも、楽しい冒険に出られること間違いナシ!

要所要所に描かれていているイラストも楽しいし、字も大きく読みやすいので、本はちょっと苦手か持って、お子さんにも、ぜひお薦めしたい楽しい低学年向けのシリーズです。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子15歳、女の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


薫 くみこさんのその他の作品

若草物語 / つみつみでんしゃ / だいすきのみかたパンツちゃん / げんきのみかた パンツちゃん / ぜんぶ夏のこと / ないしょでんしゃ



ヨシタケシンスケさんがトホホな新米父を描いた育児マンガ

もりもり小学校 なぞなぞおべんとう

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット