しあわせ しあわせ
作: いもと ようこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
いもとようこ“感動の実話絵本”。母子のやりとりから、日々の暮らしの大切な気持ちに気づかせてくれる、やさしくあたたかなお話。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
けんけんけんのケン ふたりでるすばんのまき
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

けんけんけんのケン ふたりでるすばんのまき

作: 山下 明生
絵: 広瀬 弦
出版社: ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「けんけんけんのケン ふたりでるすばんのまき」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年10月
ISBN: 9784893257352

23×20p・80頁

出版社からの紹介

一人っ子のぼくと飼い犬ケンとの二人だけの秘密の物語。

●ケンとぼくは、一日に十回はけんかします。
●ケンの最大の武器は、死にまねです。
●ケンは人間の言葉もしゃべります。
 でも、ぼくと二人きりのときだけなんだ!

ぼくの家の飼い犬フレンチブルドッグのケンは、ぼくより年上だからいつもお兄ちゃんぶっていばってる。
ある日、ママに頼まれて二人きりで留守番をすることになったけど、知らない宅配便のお兄さんは来るし、
ケンはお酒を飲んで酔っ払ってしまうし…もう大変。しかも突然の雨で近くに雷が落ちてケンが気絶しちゃった!!
「ケン、死んじゃだめだよ!」

ベストレビュー

ぼくのお兄ちゃん

ケンは犬だけどぼくのお兄ちゃんです。

ぼくと二人きりの時にしかしゃべりません。

読み聞かせ終わった後、息子が「へえー変な話」と言いましたが、
気に入ったらしくその後も一人で読んでいました。

犬も大切な家族ですし、お留守番している時に、犬がいたら、
一人ではなく安心もできそうな。

ただ、ケンはかわいいという感じの犬ではなくてどちらかというととてこ個性的です。

翻弄されながらもこんな犬のいる生活は楽しいかもしれないと思いました。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★

山下 明生さんのその他の作品

だれのものでもない岩鼻の灯台  / ハリネズミ・チコ(2) 大きな船の旅 ジャカスカ号で地中海へ / ハリネズミ・チコ(1)大きな船の旅 ジャカスカ号で大西洋へ / おしえてベッカンあきのえんそく / ドングリさがして / 長新太の島・かいぞくオネション

広瀬 弦さんのその他の作品

いそっぷ詩 / とらねことらたとなつのうみ / 西遊記(11) 火の巻 / はらぺことらたとふしぎなクレヨン / 西遊後記(3) 河の巻 / 西遊後記(2) 芳の巻



「くもんのこどもえんぴつ」シリーズ<br>開発チーム 星野由香さんインタビュー

けんけんけんのケン ふたりでるすばんのまき

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67




全ページためしよみ
年齢別絵本セット