ねんねん どっち? ねんねん どっち? ねんねん どっち?の試し読みができます!
作: 宮野 聡子  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
「どっち?」にこたえていくうちに、あらあらふしぎ。すやすやねんね。子どもの気持ちを安心させ、しぜんに眠りの世界へみちびく絵本。
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
かえってきたドロンコ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

かえってきたドロンコ

作・絵: みやもとただお
出版社: 文研出版

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「かえってきたドロンコ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年06月
ISBN: 9784580821002

幼児〜小学生低学年向き
A4変型判(263ミリ×214ミリ)
32ページ

出版社からの紹介

おいらはノラネコ。マルくんが「強い」おいらを気に入ってくれたので、マルくんちのネコになった。名前はドロンコ。
ご飯はいっぱい食べられるし、ふとんはあったかいし、マルくんちでの生活は快適。
ところが、ある日、おいらの体に異変が!

絵本賞、さし絵賞等数々を受賞している画家の宮本忠夫さんが、体験をもとに描いた絵本です。
青を基調にした、個性的で情感あふれた絵が魅力です。「強い」ことに憧れているマルくんと、
ノラネコから家ネコになったドロンコの交流がほほえましく描かれていると同時に、ノラネコの
宿命にもふれています。作者の温かな目が感じられる絵本です。(「編集部からのおすすめ」より)

ベストレビュー

ちょっと切ない、、、このドロンコはどうなるのかな?

どろんこの猫、ドロンコ。病気だから迷惑かけないようにと、男の子の家を家出したり、とっても切ないです。でも男の子がむかえにきてくれます。オムツ姿がかわいらしい。

この先どうなるのかな?といろいろ考えてしまいましたが、(設定上)死なないで欲しいです。切ないけどじんわり良い絵本です。オムツ猫おもしろいねと話したら、娘が「だっておしっことかウンチしちゃうから!」と猫のためにいい訳してくれていました。
(えみりん12さん 30代・ママ 女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


みやもとただおさんのその他の作品

いればのガタくん、そらとんだ / ぼくとおじいちゃん / But I Like You きらいですき / 子どもとよむ日本の昔ばなし26 かっぱのいちもんせん / ハルナさんとふしぎなおと? / みんなにあげる



安野光雅さんの長年の思いを絵筆に込めた、豪華な翻訳本!

かえってきたドロンコ

みんなの声(4人)

絵本の評価(3.6

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット