モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…
ふわふわ、もこもこ。今年のミッフィーは・・・ゆきだるま?!
ハナとスズ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ハナとスズ

作・絵: イケダ アツコ
出版社: スカイ・キューブ

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年06月
ISBN: 9784896107524

B5変判・上製・44頁

出版社からの紹介

飼い猫ハナとすずの目を通して描く「いのち」のお話。

あなたは猫を拾ったことがありますか?
子どもの頃、よく捨て猫や捨て犬を拾って家に抱えて帰りました。
家では飼ってもらえず、また泣く泣く人が通りそうな場所に置きに行きました。
けれど、その子猫や子犬がその後どうなるのか考えると、切なくて悲しくて、夜も眠れませんでした。大人になった今も、あの時の記憶がよみがえることがあります。
小さなお子様から大人の方まで、猫好きな方はもちろん、これからペットを飼う方にも、ぜひ読んでいただきたい1冊です。

※作者のイケダアツコさんよりコメントを頂きました! 子供の頃に私はよく、捨て猫や捨て犬を拾って帰り、親に「捨てて来なさい」と言われました。捨てられず「もらってください」の手描きポスターを作り、学校に持っていったりしたものです。あの時の子猫や子犬がどうなったか、今ではハッキリ覚えていませんが、その時の何とも言えない悲しい気持ちは忘れられません。そんな気持ちを猫の目線で描きました。

言葉より絵で多く表現してあるので、小さいお子さんにも読み聞かせして頂けたらと思います。弱き小さな命について少し考えてもらえるきっかけになればという思いを込めて、多くの人に読んで頂ければと作った本です。そしてたくさんの感想を頂けたらありがたいです。是非読んでみてください。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

ハナとスズ

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット