だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
おうちにいると幸せになれそう。。あの福ふくしいミッフィーに、新商品追加です♪
ぬすみ聞き 運命に耳をすまして
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぬすみ聞き 運命に耳をすまして

作: グロリア・ウィーラン
絵: マイク・ベニー
訳: もりうちすみこ
出版社: 光村教育図書 光村教育図書の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年06月
ISBN: 9784895728102

小学校中学年から
A4変型判・40ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

エラ・メイは、今夜もお屋敷の窓の下に身をひそめる。だんなさまと奥さまの話をぬすみ聞きするために……。残酷な運命を背負わされていた奴隷たちの小さな抵抗と、自由への願いを描いた衝撃の絵本。彼らを待ち受ける運命とは……?

ベストレビュー

どれいせいどがなくなってよかった

どれいの子たちが、ぬすみ聞きをするので、見つからないかとドキドキしました。

どれいだから、お金で売られたり買われたりするのがしんじられませんでした。

しゅじんが、牛よりもどれいの方がやすいからと言ったのでびっくりしました。

人間が牛よりもやすいということがあるのかと思いおどろきました。

どれいだから、おとうさんやおかあさんが売られて親子なのにはなればなれになるのがかわいそうでした。

どれいせいどがなくなってよかったと思いました。
(はなびや2号さん 10代以下・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


グロリア・ウィーランさんのその他の作品

ハンナの学校

もりうち すみこさんのその他の作品

呪われた図書館 / クジラに救われた村 / リトル・パパ / ヘレン・ケラーのかぎりない夢 見る・聞く・話す・読む・書く・学ぶ夢に挑戦した生涯 / 名探偵犬バディ(5) 青い舌の怪獣をさがせ! / ゾウがとおる村



きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

ぬすみ聞き 運命に耳をすまして

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.71

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット