もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
もりのみんなのおともだち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

もりのみんなのおともだち

  • 絵本
作・絵: 原 京子
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「もりのみんなのおともだち」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1997年7月
ISBN: 9784591054314

対象年齢:幼児〜小学初級向

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ある日、森にすむおばあさんは、おいしいごちそうをもって森のどうぶつたちとピクニックにでかけます。大きな川で遊んだりして・・・。

ベストレビュー

リュックの中身は?!

動物好きの娘が、自分で図書館で見つけて借りてきた本です。普段、あまり絵本を読みたがらない娘が、表紙をみて、「こういうの好き〜。」と自分から選んで持ってきたので、うれしく思いながら、一緒に読みました。

動物達とおばあさんがみんなでピクニックに出かけるというお話は、ほのぼの楽しげな様子が伝わってきます。
そんな中で気になるのは、おばあさんがくまさんに持ってもらった大きなリュックの中身。娘は、「果物だ〜!」と言っていましたが、そんな普通のものが入っているはずがないと、ひねくれた私は心に思いながらも(もちろんそんなこと口にださず)、「そうだねぇ。果物かなぁ。」と言いながら読み進めました。

リュックの中身、とっても素敵なものでした。そして、それがいろんなところで大活躍。ちょっとしたハプニングがあって、ヒヤヒヤするものの、その中身のおかげで、お話がこうもおもしろくなるものか!というくらい、上手く使われているんです。

絵はかわいらしいし、お話しもしっかりしてる。娘のおかげで、いい絵本に出合えました!!
(ハリボーさん 30代・ママ 男の子9歳、女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


原 京子さんのその他の作品

かいけつゾロリのかいていたんけん / かいけつゾロリの王子さまになるほうほう / にんじゃざむらい ガムチョコバナナ エビフライてんぐのまき / ゾロリ式おやじギャグドリル / ねえ、おはなし きかせて / 恐怖!!火の神ののろい ザックのふしぎたいけんノ−ト



くまのパンやでパピプペポ♪おいしいパンをめぐって起こるお話

もりのみんなのおともだち

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2




全ページためしよみ
年齢別絵本セット